お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-26 15:40
眼球運動がfilling-in時間に与える影響
横田正恵名古屋文理大)・横田康成岐阜大
抄録 (和) 代表的な錯視現象であるfilling-inの起こりやすさは,filling-inされるまでの時間(filling-in時間)によって評価されている.Filling-in時間は,眼球運動に依存することが言われているが,その関係を示した例はない.本研究では,眼球運動を計測しながらfilling-in時間を計測する実験を行い,眼球運動がfilling-in時間に与える影響を調べた.Filling-in時間と視線の固視点からの距離(視線変位)には,正の相関が認められた. 
(英) Objects are perceived to fade and disappear within a few seconds under certain conditions when a small object surrounded by a moving texture is presented in human peripheral vision. This phenomenon is called perceptual filling-in or fading. Investigation of filling-in properties is important to understand visual information capture and processing. Previous studies have adopted filling-in time to evaluate the facilitation of filling-in. Time to filling-in tends to be prolonged when subject’s fixation is not complete. Monitoring subject’s fixation while filling-in time is measured is important, however, there is no report measuring filling-in time with monitoring fixation condition. From this viewpoint, we measured time to filling-in for dynamic textures, with monitoring subject’s eye movements. As the result, time to filling-in weekly correlated with the amount of eye movement.
キーワード (和) 視知覚充填 / 時空間周波数特性 / 眼球運動 / filling-in / / / /  
(英) perceptual filling-in / spatio-temporal frequency characteristics / eye movement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 501, NC2006-114, pp. 81-86, 2007年1月.
資料番号 NC2006-114 
発行日 2007-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) 登別万世閣(登別温泉) 
開催地(英) Noboribetsu Manseikaku(Noboribetsu) 
テーマ(和) 「ニューラルネットワーク画像復元」および「一般」 
テーマ(英) Neural Network Image Restoration and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2007-01-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼球運動がfilling-in時間に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The influence of eye movement on perceptual filling-in time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視知覚充填 / perceptual filling-in  
キーワード(2)(和/英) 時空間周波数特性 / spatio-temporal frequency characteristics  
キーワード(3)(和/英) 眼球運動 / eye movement  
キーワード(4)(和/英) filling-in /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 正恵 / Masae Yokota / ヨコタ マサエ
第1著者 所属(和/英) 名古屋文理大学 (略称: 名古屋文理大)
Nagoya Bunri University (略称: Nagoya Bunri Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 康成 / Yasunari Yokota /
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-26 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-114 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.501 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2007-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会