お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-25 13:15
触覚を利用した遠隔描画教示システムにおける端末間同期制御実験 ~ 主観評価と客観評価 ~
黒川陽一石橋 豊浅野寿朗名工大CQ2006-79
抄録 (和) 本報告では, 触覚を利用した遠隔描画教示システムを対象とし, 客観評価
により, 複数の端末間で出力タイミングを揃える端末間同期制御の効果を調査している.
そして, 重回帰分析を行うことにより, 主観評価結果と客観評価結果の関係を明らかにし,
客観評価結果から主観評価結果を高い精度で推定できることを示す. 
(英) In this report, we investigate the effects of inter-destination (or group) synchronization control, which adjusts the output timing
among multiple destinations, in a remote drawing instruction system using haptic media by objective assessment.
We also clarify the relations between the subjective assessment results and the objective assessment results by multiple regression analysis and
demonstrate that the subjective assessment results can be predicted with high accuracy from the objective assessment results.
キーワード (和) 遠隔描画教示システム / 触覚メディア / 端末間同期制御 / 主観評価 / 客観評価 / / /  
(英) Remote drawing instruction system / Haptic media, / Inter-destination synchronization control / Subjective assessment / Objective assessment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 495, CQ2006-79, pp. 1-6, 2007年1月.
資料番号 CQ2006-79 
発行日 2007-01-18 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2006-79

研究会情報
研究会 CQ MVE  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) アジア太平洋インポートマート 
開催地(英) Asia-pacific Import Mart 
テーマ(和) 触覚、五感メディアの品質、一般 
テーマ(英) Haptic Media and Multimodal Quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2007-01-CQ-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 触覚を利用した遠隔描画教示システムにおける端末間同期制御実験 
サブタイトル(和) 主観評価と客観評価 
タイトル(英) An Experiment on Inter-Destination Synchronization Control in a Remote Drawing Instruction System Using Haptic Media 
サブタイトル(英) Subjective Assessment and Objective Assessment 
キーワード(1)(和/英) 遠隔描画教示システム / Remote drawing instruction system  
キーワード(2)(和/英) 触覚メディア / Haptic media,  
キーワード(3)(和/英) 端末間同期制御 / Inter-destination synchronization control  
キーワード(4)(和/英) 主観評価 / Subjective assessment  
キーワード(5)(和/英) 客観評価 / Objective assessment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 陽一 / Youichi Kurokawa / クロカワ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 寿朗 / Toshio Asano / アサノ トシオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-25 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2006-79 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2007-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会