お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-25 15:10
アドホックネットワークを用いた非常時通信モデルの基礎解析 ~ 端末の移動経路に制約がある場合 ~
行田弘一Nam Hoang Nguyen岡田和則滝澤 修NICTCQ2006-83
抄録 (和) 著者らはこれまで,災害発生時に必要な通信について災害発生時からの時間経過について整理し,このような通信を実現させるために必要なアドホックネットワーク構成技術の開発に資するためのより実際的で適切な通信モデルについて検討するとともに,基礎的な通信モデルの解析を行った.本稿では,基礎的な通信モデルではランダムとしていた端末の移動方向を,実際の市街地における道路を模擬した経路に沿って移動するものとした場合について通信モデルを作成し,ネットワークシミュレータを用いて解析した結果について示す. 
(英) We had previously arranged information and communication required at the time of disaster from the viewpoint of elapsed period. Then we had been investigated practical and suitable communication models to develop ad hoc network configuration technologies required in order to realize such communications. We had analyzed the performance of ad hoc networks in the basic random waypoint model by using the network simulator. In this paper, the model, which we use to simulate a real city area, is described and the results of ad hoc network performances in this model are also presented.
キーワード (和) 非常時通信 / アドホックネットワーク / 通信モデル / ネットワークシミュレータ / / / /  
(英) Emergency communication / Ad hoc network / Communication models / Network simulator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 495, CQ2006-83, pp. 23-28, 2007年1月.
資料番号 CQ2006-83 
発行日 2007-01-18 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2006-83

研究会情報
研究会 CQ MVE  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) アジア太平洋インポートマート 
開催地(英) Asia-pacific Import Mart 
テーマ(和) 触覚、五感メディアの品質、一般 
テーマ(英) Haptic Media and Multimodal Quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2007-01-CQ-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークを用いた非常時通信モデルの基礎解析 
サブタイトル(和) 端末の移動経路に制約がある場合 
タイトル(英) Analysis of Emergency communication models using Ad hoc Network 
サブタイトル(英) In case of terminals' routes are restricted 
キーワード(1)(和/英) 非常時通信 / Emergency communication  
キーワード(2)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(3)(和/英) 通信モデル / Communication models  
キーワード(4)(和/英) ネットワークシミュレータ / Network simulator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 行田 弘一 / Koichi Gyoda / ギョウダ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Nam Hoang Nguyen / Nam Hoang Nguyen / ナム ホアン ニューエン
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 和則 / Kazunori Okada / オカダ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝澤 修 / Osamu Takizawa / タキザワ オサム
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-25 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2006-83 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2007-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会