電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-12 09:50
Ethernet OAMを用いたマルチリング切替方式の検討
小口和海佐藤浩司向井宏明横谷哲也三菱電機CS2006-88
抄録 (和) 近年、キャリアクラスEthernetの実現が重要となっており、ITU-TにおいてEthernet回線の保守、運用、監視を行うEthernet OAM (Operation, Administration and Maintenance)と、2地点間に冗長経路を設定し、障害検出時に切替を行うリニアプロテクション切替メカニズムが勧告化された。これらの標準に準拠することで、Ethernetを用いて高信頼なサービスを提供できるようになってきている。また、メトロエリアのサービス提供を考えた場合、多地点接続可能なリング接続が適しており、リングにおける障害発生時の切替方式がITU-T等で検討されている。本稿では、Ethernetでマルチリングを構成した場合の障害発生時の切替方法について、Ethernet OAMを用いて切替える方法を提案し、その制御方式について述べる。 
(英) Recently the support of carrier class Ethernet services has become important, Ethernet OAM (Operation, Administration and Maintenance) and point-to-point linear protection switching mechanism has been standardized by ITU-T. Therefore reliable Ethernet services can be provided by these standards. From the viewpoint of the metro area service, a ring topology is suitable because of the multi-point connectivity and the study of ring protection switching mechanism has been started in ITU-T. This paper proposes a multi-ring protection switching mechanism using Ethernet OAM.
キーワード (和) Ethernet / OAM / リング / 切替 / / / /  
(英) Ethernet / OAM / Ring / Protection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 450, CS2006-88, pp. 103-107, 2007年1月.
資料番号 CS2006-88 
発行日 2007-01-04 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2006-88

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2007-01-11 - 2007-01-12 
開催地(和) 与那国(沖縄) 
開催地(英) Yonaguni (Okinawa) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク、電灯線通信、一般 
テーマ(英) Next Generation Network, Power Line Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2007-01-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ethernet OAMを用いたマルチリング切替方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Ethernet multi-ring protection mechanism by Ethernet OAM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Ethernet / Ethernet  
キーワード(2)(和/英) OAM / OAM  
キーワード(3)(和/英) リング / Ring  
キーワード(4)(和/英) 切替 / Protection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 和海 / Kazuumi Koguchi / コグチ カズウミ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 浩司 / Kouji Sato / サトウ コウジ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 宏明 / Hiroaki Mukai / ムカイ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横谷 哲也 / Tetsuya Yokotani / ヨコタニ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-12 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2006-88 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.103-107 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2007-01-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会