お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-11-30 10:20
ミキサのIQインバランスを改善するための一検討
岸 孝彦佐藤隆裕杉浦 毅サムスン)・李 ウヨンサムスン電子SR2006-52
抄録 (和) 無線通信の高速化に伴いフロントエンドにおける信号劣化の低減が求められ,特にIQ インバランスの改善が着目されている.Zero IFとLow IFトランシーバにおいてIQインバランスの劣化が生じる要因は幾つかあるが,直交変調器と直交復調器における不完全性は大きな要因のひとつである.この改善策として回路技術による改善策やキャリブレーションによる補償方法など幾つもの方法が提案されている.本稿ではフィルタによって直交変換を行った後にミキサで周波数変換を行うダブルクオドラチャミキサ(DQM)に着目し,直交変換を行うフィルタにSAWトランスバーサル フィルタを採用する検討とSAWフィルタの試作を行った.そして,その良好なIQインバランスを生かすための受信機構成についての検討も行った. 
(英) The decrease of the signal deterioration in Front-end is required for speeding up a wireless communication, and IQ imbalance is paid attention especially. The imperfection in the orthogonal modulator and the orthogonal demodulator is the great factors though there are some factors that the deterioration of IQ imbalance is caused in Zero IF and Low IF transceivers Some methods like the improvement by circuit technologies and calibration methods, etc. are proposed as this improvement measures. In this paper, we paid attention to Double Quadrature Mixer (DQM) that convert the frequency after the orthogonal conversion was done by using the filter. Then we studied the adoption of SAW transversal filter for the orthogonal conversion filter and made a prototype. And, we studied the receiver configuration to make the best use of its excellent IQ imbalance characteristics.
キーワード (和) Zero IF / Low IF / ミキサ / IQインバランス / イメージ抑圧 / 複素係数フィルタ / SAW /  
(英) Zero IF / Low IF / Mixer / IQ imbalance / Image rejection / Complex coefficient filter / SAW /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 395, SR2006-52, pp. 75-81, 2006年11月.
資料番号 SR2006-52 
発行日 2006-11-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2006-52

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2006-11-29 - 2006-12-01 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英)  
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2006-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミキサのIQインバランスを改善するための一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study to improve IQ Imbalance of Mixer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Zero IF / Zero IF  
キーワード(2)(和/英) Low IF / Low IF  
キーワード(3)(和/英) ミキサ / Mixer  
キーワード(4)(和/英) IQインバランス / IQ imbalance  
キーワード(5)(和/英) イメージ抑圧 / Image rejection  
キーワード(6)(和/英) 複素係数フィルタ / Complex coefficient filter  
キーワード(7)(和/英) SAW / SAW  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸 孝彦 / Takahiko Kishi / キシ タカヒコ
第1著者 所属(和/英) サムスン横浜研究所 (略称: サムスン)
Samsung Yokohama Research Institute (略称: Samsung)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 隆裕 / Takahiro Sato / サトウ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) サムスン横浜研究所 (略称: サムスン)
Samsung Yokohama Research Institute (略称: Samsung)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 毅 / Tsuyoshi Sugiura / スギウラ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) サムスン横浜研究所 (略称: サムスン)
Samsung Yokohama Research Institute (略称: Samsung)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 ウヨン / Woo Yong Lee / イ ウヨン
第4著者 所属(和/英) サムスン電子 (略称: サムスン電子)
Samsung Electronics (略称: Samsung)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-11-30 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2006-52 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.75-81 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2006-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会