お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-11-30 09:55
サンプリングレートセレクションダイバーシティを用いたスペクトル拡散通信の特性
鈴木洋平アナスムハマド ボスタマン稲森真美子慶大)・眞田幸俊慶大/ソニーSR2006-51
抄録 (和) 本研究では,サンプリングレートセレクションダイバーシティ(SRSD)を用いたスペクトル拡散通信を提案する.直接拡散方式(DS/SS)による通信システムでは,信号対雑音比SNR(signal to noise ratio)を上げる為にオーバーサンプリングが用いられることがある.しかし,オーバーサンプリングをすると受信機は速いクロックで信号処理を行う必要があるため消費電力が高くなってしまう.一方でサンプリングレートを高くすれば必ずSNR が大きくなるとは限らない.本研究で提案されるSRSDでは,チャネルの特性に応じて最適なサンプリングレートを選択することによって消費電力を抑えることが可能である.さらにSRSDは従来のオーバーサンプリングと比較して,受信信号の誤り率BER(Bit Error Rate)を小さくすることが出来る. 
(英) this paper, sampling rate selection diversity (SRSD) scheme for Direct-Sequence / Spread-Spectrum (DS/SS) is proposed. In DS/SS communication systems, oversampling may be employed to increase the signal-to-noise ratio (SNR). However, oversampling enlarges the power consumption because signal processing of the receiver has to be carried out with higher clock. Higher sampling rate does not always maximize the SNR. In the proposed SRSD scheme, the power consumption can be reduced by selecting the optimum sampling rate
depending on the characteristics of the channel. The proposed SRSD scheme can also reduce the BER more than the conventional oversampling scheme under the certain channel conditions.
キーワード (和) オーバーサンプリング / ダイバーシティ / 直接拡散方式 / RAKE 受信機 / マルチパスチャネル / コグニティブ無線 / /  
(英) Oversamping / diversity / Direct-Sequence / Spread-Spectrum (DS/SS) / RAKE receiver / Multipath Channel / Cognitive Radio / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 395, SR2006-51, pp. 67-73, 2006年11月.
資料番号 SR2006-51 
発行日 2006-11-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2006-51

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2006-11-29 - 2006-12-01 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英)  
テーマ(和) コグニティブ無線、パネル討論、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2006-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サンプリングレートセレクションダイバーシティを用いたスペクトル拡散通信の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DS/SS Communication System with Sampling Rate Selection Diversity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーバーサンプリング / Oversamping  
キーワード(2)(和/英) ダイバーシティ / diversity  
キーワード(3)(和/英) 直接拡散方式 / Direct-Sequence / Spread-Spectrum (DS/SS)  
キーワード(4)(和/英) RAKE 受信機 / RAKE receiver  
キーワード(5)(和/英) マルチパスチャネル / Multipath Channel  
キーワード(6)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 洋平 / Yohei Suzuki / スズキ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アナスムハマド ボスタマン / Anas M. Bostamam / アナスムハマド ボスタマン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲森 真美子 / Mamiko Inamori / イナモリ マミコ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学/ソニー (略称: 慶大/ソニー)
Keio University/Sony (略称: Keio Univ./Sony)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-11-30 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2006-51 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.67-73 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2006-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会