電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-10-27 13:55
時間ゲートを用いたFFT超分解能時間遅延推定法
福島冬樹稲葉敬之三菱電機SANE2006-99
抄録 (和) 本論文では,パルスレーダに到来する多重波の時間遅延差を低計算負荷に推定可能とする時間ゲートを用いたFFT-超分解能時間遅延推定法を提案する.提案法では,ある時刻基準に対し受信信号の時間遅延をある最大値に限定(時間ゲート)することを特徴としている.すなわち,所要の全観測区間を複数の時間ゲートに分割しそれぞれFFT-超分解能時間遅延推定法を適用する.こうすることで,除算信号に対し超分解能処理を行うときの相関行列の次元を時間ゲートに相当する値にまで小さくできる.更に,除算信号の周波数が低周波に限定されることからデシメーションが可能であり,より一層相関行列の次元低減が期待される.本論文では計算負荷低減について考察するとともに,計算機シミュレーションにより信号帯域に相当する時間遅延と同等,およびその半分の時間遅延差となる2目標環境における性能を評価する. 
(英) In this paper, we propose a super resolution method ,which estimates the times of arrival of multiple coherent signals receiving by pulse radar, in low computational load. In the proposed method, firstly, each of the received signals is distributed into a narrow time gate which includes the times of arrival of the received signal by using decimation processing. Secondly, in each time gate, the super resolution processing which estimates the times of arrival is performed. We can perform the estimation processing in low computational load by estimating only the arrival times which are in the narrow time gate. We estimate the performance of the proposed method by using the computer simulation.
キーワード (和) レーダ / 時間遅延推定 / 超分解能 / 負荷低減 / 時間ゲート / デシメーション / /  
(英) Radar / Super resolution / TDOA / ESPRIT / Low computational load / Time Gate / Decimation /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 329, SANE2006-99, pp. 7-12, 2006年10月.
資料番号 SANE2006-99 
発行日 2006-10-20 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2006-99

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2006-10-27 - 2006-10-27 
開催地(和) 新潟大 
開催地(英) Univ. of Niigata 
テーマ(和) 環境計測及び一般 
テーマ(英) Environmental Measurement 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2006-10-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間ゲートを用いたFFT超分解能時間遅延推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Super Resolution Arrival Time Estimation Method based on Time Gate for Multiple Coherent Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レーダ / Radar  
キーワード(2)(和/英) 時間遅延推定 / Super resolution  
キーワード(3)(和/英) 超分解能 / TDOA  
キーワード(4)(和/英) 負荷低減 / ESPRIT  
キーワード(5)(和/英) 時間ゲート / Low computational load  
キーワード(6)(和/英) デシメーション / Time Gate  
キーワード(7)(和/英) / Decimation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 冬樹 / Fuyuki Fukushima / フクシマ フユキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 (略称: 三菱電機)
Information Technology R&D center Mitsubishi electric corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 敬之 / Takayuki Inaba / イナバ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 (略称: 三菱電機)
Information Technology R&D center Mitsubishi electric corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-10-27 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2006-99 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.329 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2006-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会