お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-10-19 11:15
NGNに向けたホームゲートウェイとプラットフォームの検討
古川隆弘滝澤基行湊 透島田裕一富士通アクセスCS2006-41
抄録 (和) 近年,ブロードバンドは既に一般的なものとなっており,エンドユーザはブロードバンドネットワーク上で様々なサービスを利用している.さらにNGN(Next Generation Network)の登場により,キャリアやサービスプロバイダから提供されるサービスはますます多様化すると予想される.本稿では,NGNにより多様化していくサービスに対して,今後ホームゲートウェイに求められる機能について検討を行い,それを実現するためのプラットフォームについて提案する. 
(英) Recently, the broadband has already been prevalent and many end users are taking advantage of various services via broadband networks. In addition, the services provided from telecommunications carriers and service providers will become more and more diverse by the appearance of NGN(Nest Generation Networks).This paper examines features which will be required for a home gateway in the near future and suggests a new platform which can realize these requirements in order to accommodate a broad range of services accelerated by NGN.
キーワード (和) NGN / ホームゲートウェイ / プラットフォーム / サービスモジュール / 機能の追加・削除・更新 / 自動設定 / 遠隔管理(定期監視,遠隔制御) /  
(英) NGN / Home Gateway / Platform / Service Module / Function Addition/Deletion/Update / Auto Configuration / Remote Maintenance(Constant Monitoring,Remote Control) /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 304, CS2006-41, pp. 29-34, 2006年10月.
資料番号 CS2006-41 
発行日 2006-10-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2006-41

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2006-10-19 - 2006-10-20 
開催地(和) 知床プリンスホテル 風なみ季(北海道) 
開催地(英) Shiretoko Prince Hotel - Kazanamiki (Hokkaido) 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス、ホームネットワーク、一般 
テーマ(英) Broadband Access, Home Network, ets. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2006-10-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NGNに向けたホームゲートウェイとプラットフォームの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Home Gateway and Platform for NGN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NGN / NGN  
キーワード(2)(和/英) ホームゲートウェイ / Home Gateway  
キーワード(3)(和/英) プラットフォーム / Platform  
キーワード(4)(和/英) サービスモジュール / Service Module  
キーワード(5)(和/英) 機能の追加・削除・更新 / Function Addition/Deletion/Update  
キーワード(6)(和/英) 自動設定 / Auto Configuration  
キーワード(7)(和/英) 遠隔管理(定期監視,遠隔制御) / Remote Maintenance(Constant Monitoring,Remote Control)  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 隆弘 / Takahiro Furukawa / フルカワ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 富士通アクセス株式会社 (略称: 富士通アクセス)
Fujitsu Access Limited (略称: Fujitsu Access Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝澤 基行 / Motoyuki Takizawa / タキザワ モトユキ
第2著者 所属(和/英) 富士通アクセス株式会社 (略称: 富士通アクセス)
Fujitsu Access Limited (略称: Fujitsu Access Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 湊 透 / Toru Minato / ミナト トオル
第3著者 所属(和/英) 富士通アクセス株式会社 (略称: 富士通アクセス)
Fujitsu Access Limited (略称: Fujitsu Access Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 裕一 / Hirokazu Shimada / シマダ ヒロカズ
第4著者 所属(和/英) 富士通アクセス株式会社 (略称: 富士通アクセス)
Fujitsu Access Limited (略称: Fujitsu Access Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-10-19 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2006-41 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.304 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2006-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会