お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-10-11 10:25
A Generative Probabilistic Model to Detect Synchrony in Pairs of Event Strings
Justin DauwelsFrancois VialatteRIKEN
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) We propose a novel measure to quantify the synchrony between two event strings, referred to as "stochastic event synchrony" (SES); it is computed by performing inference in a probabilistic model. Two approaches to infer the SES parameters are proposed; one is based on iterative conditional modes (a.k.a. "cyclic maximization"), the other on expectation maximization.
Both methods result in the SES parameters for a given pair of event strings. SES can a.o. be used to (i) detect synchrony in pairs of spike trains; (ii) to quantify the firing reliability of a single neuron. As an illustration, the firing reliability of an in vitro
rat neocortical pyramidal cell is computed.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) cyclic maximization / expectation maximization / stochastic event synchrony / neocortical pyramidal cell / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 279, NC2006-46, pp. 7-12, 2006年10月.
資料番号 NC2006-46 
発行日 2006-10-04 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2006-10-11 - 2006-10-11 
開催地(和) 奈良先端大 
開催地(英) NAIST 
テーマ(和) 「ベイズ情報処理」および「一般」 
テーマ(英) Bayesian Information Processing, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2006-10-NC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Generative Probabilistic Model to Detect Synchrony in Pairs of Event Strings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / cyclic maximization  
キーワード(2)(和/英) / expectation maximization  
キーワード(3)(和/英) / stochastic event synchrony  
キーワード(4)(和/英) / neocortical pyramidal cell  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Justin Dauwels / Justin Dauwels /
第1著者 所属(和/英) RIKEN Brain Science Institute Amari Research Unit (略称: 理研)
RIKEN Brain Science Institute Amari Research Unit (略称: RIKEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Francois Vialatte / Francois Vialatte /
第2著者 所属(和/英) RIKEN Brain Science Institute, LABSP (略称: 理研)
RIKEN Brain Science Institute, LABSP (略称: RIKEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-10-11 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-46 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.279 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2006-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会