お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-10-04 15:55
連続時間確率的システムにおける拡張逐次的ウィーナ固定点スムーザとフィルタの設計
中森誠一鹿児島大
抄録 (和) 本論文は、連続時間広義の定常確率的システムにおいて、拡張逐次的ウィーナスムーザとフィルタを設計している。信号は、信号の非線形機構を経て、白色雑音が付加して観測される。これらの推定器は、信号生成システムにおける状態ベクトルx(k)に関するシステム行列、状態ベクトルに対する観測ベクトル、状態ベクトルの分散K(k,k)=K(0)、非線形観測関数と白色観測雑音の分散の情報を使用する。システム行列、観測ベクトル、状態ベクトルの分散K(0)は、信号の自己共分散関数から計算される。 
(英) This paper designs the extended recursive Wiener fixed-point smoother and
filter in continuous-time wide-sense stationary stochastic systems. It is assumed that the signal is observed with the nonlinear mechanism of the signal and with the additional white observation noise. The estimators use the information of the system matrix for the state vector x(k), the observation vector C for the state vector, the variance K(k, k) = K(0) of the state vector, the nonlinear observation function and the variance of the white observation noise. The system matrix, C and K(0) are usually calculated from the auto-covariance function of the signal. It is worthwhile, from a simulation example for the estimation of a stochastic signal in the phase demodulation problem, that the proposed extended recursive Wiener estimators are superior in estimation accuracy to
the extended Kalman estimators based on the state-space model.
キーワード (和) 連続時間確率的システム / 拡張逐次的ウィーナ推定器 / 共分散情報 / 固定点スムーザ / 非線形変調 / / /  
(英) continuous-time stochastic system / extended recursive Wiener estimators / covariance information / fixed-point smoother / nonlinear modulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 274, NLP2006-52, pp. 49-53, 2006年10月.
資料番号 NLP2006-52 
発行日 2006-09-27 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2006-10-04 - 2006-10-05 
開催地(和) 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2006-10-NLP-CAS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 連続時間確率的システムにおける拡張逐次的ウィーナ固定点スムーザとフィルタの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Extended Recursive Wiener Fixed-Point Smoother and Filter in Continuous-Time Stochastic Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 連続時間確率的システム / continuous-time stochastic system  
キーワード(2)(和/英) 拡張逐次的ウィーナ推定器 / extended recursive Wiener estimators  
キーワード(3)(和/英) 共分散情報 / covariance information  
キーワード(4)(和/英) 固定点スムーザ / fixed-point smoother  
キーワード(5)(和/英) 非線形変調 / nonlinear modulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中森 誠一 / Seiichi Nakamori / ナカモリ セイイチ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-10-04 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2006-29,IEICE-NLP2006-52 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.272(CAS), no.274(NLP) 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2006-09-27,IEICE-NLP-2006-09-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会