お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-28 13:30
路車間通信におけるMIMO技術の適用性検討
浦山博史蔡 晟蔚前島 治本多輝彦トヨタIT開発センター
抄録 (和) 交差点,カーブにおける衝突回避警告のような安全運転支援用途の路車間通信システムにおける通信方式では,高信頼な通信の実現が不可欠となる.本研究では,通信の信頼性を向上させる有望な技術としてMIMO(Multi-Input Multi-Output)伝送技術に着目し,路車間通信を想定した伝搬モデルにおける送信ビームフォーミング,アダプティブアレー,及び高速移動に対応すべく半帰還型チャネル追従推定法を併用するアダプティブアレーを適用したシステムの通信性能に関して,シミュレーションより有効性を示す. 
(英) The reliability is one of the most important characteristics in Roadside-to-vehicle communications for safety-related message exchange. MIMO, a promising technology seems to have lots of potential to achieve high reliability of wireless communication. In this paper, we first introduce some generic propagation channel models, then we look into several detailed MIMO techniques such as the transmission beamforming (BF), the adaptive array (AA) and AA with decision feedback channel estimation method (DF). Using computer simulation, we carefully evaluate these techniques in above channel models respectively, give some results on the efficiency of them for Roadside-to- vehicle communications.
キーワード (和) MIMO / 高度道路交通システム / 路車間通信 / 判定帰還型チャネル推定法 / / / /  
(英) MIMO / Roadside-to-Vehicle Communication / Decision Feedback Channel Estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 265, ITS2006-16, pp. 7-12, 2006年9月.
資料番号 ITS2006-16 
発行日 2006-09-21 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITS IPSJ-ITS IEE-ITS  
開催期間 2006-09-28 - 2006-09-29 
開催地(和) はこだて未来大 
開催地(英) Future University Hakodate 
テーマ(和) 交通における計測・一般(情報処理学会・電気学会各ITS研究会と共催) 
テーマ(英) Traffic Monitoring and Sensing Schems in ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2006-09-ITS-IPSJ-ITS-IEE-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 路車間通信におけるMIMO技術の適用性検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of MIMO Techniques for Roadside-to-Vehicle Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 高度道路交通システム / Roadside-to-Vehicle Communication  
キーワード(3)(和/英) 路車間通信 / Decision Feedback Channel Estimation  
キーワード(4)(和/英) 判定帰還型チャネル推定法 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦山 博史 / Hirofumi Urayama / ウラヤマ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center, Co., Ltd. (略称: Toyota ITC Co.Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔡 晟蔚 / Shengwei Cai / サイ セイイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center, Co., Ltd. (略称: Toyota ITC Co.Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前島 治 / Osamu Maeshima / マエシマ オサム
第3著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center, Co., Ltd. (略称: Toyota ITC Co.Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 輝彦 / Teruhiko Honda / ホンダ テルヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center, Co., Ltd. (略称: Toyota ITC Co.Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-28 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2006-16 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2006-09-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会