お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-15 14:55
A Location-Based Beaconless Routing Algorithm with Historical Signal Strength Considered for Mobile Ad hoc Networks
Guowei ChenWipaporn ClaybootWaseda Univ.)・Kenichi ItohNiigata Inst. of Tech.)・Takuro SatoWaseda Univ.MoMuC2006-52
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Routing in Ad-hoc networks is challengeable due to the mobility of the nodes. Location-based routing protocols, unlike other protocols which rely on flooding, excel in network scalability. Further more, new location-based routing protocols, like, e.g. BLR[1] , IGF[2], & CBF[3] have been proposed, with the feature of being beaconless, which improve more in terms of scalability and battery consumption. Such beaconless routing protocols can work efficiently in dense network area. However, these protocols’ algorithms have no immunity from routing into sparse area. In this article, historical signal strength has been added as a factor into the BLR algorithm, which improves in avoidance of routing into sparse area, and consequently improves the global routing efficiency.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) ad hoc networks / location based / beaconless / routing / RSSI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, 2006年9月.
資料番号  
発行日 2006-09-07 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2006-52

研究会情報
研究会 MoNA ITE-BCT ITE-CE  
開催期間 2006-09-14 - 2006-09-15 
開催地(和) 大阪歴史博物館 
開催地(英) Osaka Musium of History 
テーマ(和) モバイルと放送の融合の本格化を迎えて...(1セグ放送,1/3セグラジオ放送、モバイル放送,携帯放送融合サービス,1/3セグ対応携帯端末,モバイルコンテンツと放送コンテンツの融合,マルチメディア配信,デジタル放送受信機,および一般) 
テーマ(英) Integration of Mobile Communication and Broadcasting 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2006-09-MoMuC-ITE-BCT-ITE-CE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Location-Based Beaconless Routing Algorithm with Historical Signal Strength Considered for Mobile Ad hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / ad hoc networks  
キーワード(2)(和/英) / location based  
キーワード(3)(和/英) / beaconless  
キーワード(4)(和/英) / routing  
キーワード(5)(和/英) / RSSI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 国偉 / Guowei Chen / チン コクイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Wipaporn Clayboot / Wipaporn Clayboot / クレーィブート ワイパポン
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 健一 / Kenichi Itoh / イトー ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 新潟工科大学 (略称: 新潟工科大)
Niigata Institute of Technology (略称: Niigata Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 拓朗 / Takuro Sato / サトー タクロー
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-15 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2006-52 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.245 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2006-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会