電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-15 13:00
DHTを利用したデータ検索システムの高速化手法
縣 亮KDDI研)・金子 豊NHK)・堀内幸夫KDDI研NS2006-90 IN2006-70 CS2006-28
抄録 (和) IPネットワークにおけるP2Pによる分散検索技術として,分散ハッシュ表(DHT)を用いた方式が研究されている.しかし従来のDHT方式では,オーバーレイネットワークが物理ネットワークの構造と無関係に構築されることや,経路表に多数の重複が生じることから,検索処理の際に実ネットワークにおいて不要なルータホップが多数生じ,効率的かつ迅速な処理が困難であるという課題があった.本研究では,代表的なDHT方式であるChordを例に,物理ネットワークの構造を考慮したノードID付与法,及び効率的なノード選択を実現する経路表生成法を提案し,数値シミュレーションにより有効性を確認したので報告する. 
(英) Recently, various kinds of scalable lookup systems based on distributed hash table (DHT) technique have been widely studied. However, due to the facts that a path length on the overlay between any two nodes can be significantly different from that on the underlying network, and that a routing table (known as "finger table") of each node contains many duplicates, the lookup latency in conventional systems can be quite high. In this paper, we propose a novel method to assign an ID, which reflects the underlying network topology, to each node. In addition, we also propose a novel method to create a finger table without duplicate. With assuming Chord systems, the feasibility of these two methods is analyzed by numerical simulations.
キーワード (和) P2P / オーバーレイネットワーク / 分散ハッシュ表 / Chord / / / /  
(英) P2P / Overlay Network / DHT / Chord / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 237, IN2006-70, pp. 121-126, 2006年9月.
資料番号 IN2006-70 
発行日 2006-09-07 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2006-90 IN2006-70 CS2006-28

研究会情報
研究会 IN NS CS  
開催期間 2006-09-14 - 2006-09-15 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) VPN、NAT、ネットワークセキュリティ、DDoS、P2Pおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2006-09-IN-NS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DHTを利用したデータ検索システムの高速化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Acceleration Scheme for Data Searching Process in DHT-based Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) オーバーレイネットワーク / Overlay Network  
キーワード(3)(和/英) 分散ハッシュ表 / DHT  
キーワード(4)(和/英) Chord / Chord  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 縣 亮 / Akira Agata / アガタ アキラ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 豊 / Yutaka Kaneko / カネコ ユタカ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 幸夫 / Yukio Horiuchi / ホリウチ ユキオ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Laboratories Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-15 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-NS2006-90,IEICE-IN2006-70,IEICE-CS2006-28 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.236(NS), no.237(IN), no.238(CS) 
ページ範囲 pp.111-116(NS), pp.121-126(IN), pp.37-42(CS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2006-09-07,IEICE-IN-2006-09-07,IEICE-CS-2006-09-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会