お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-15 15:00
光無線通信技術を利用した対列車通信システム
松澤哲士小竹秀明志村彰洋春山真一郎石榑崇明小池康博中川正雄慶大)・関 清隆鉄道総研
抄録 (和) 近年,情報端末機器の発展や,通信インフラ整備の進行に伴い,ユビキタス社会の実現に向けた環境が着々と整いつつある.しかし,その一方で,移動中の列車内における通信網の構築は,LCX (Leaky Coaxial Cable: 漏洩同軸ケーブル) やミリ波に代表されるような電波を用いたシステムに依存しており,十分なサービスを提供するために必要とされる通信速度を達成できているとは言えないため,都市部での通信環境の進歩と比較すると一歩立ち遅れている部分があると言わざるを得ない.本稿では,この問題を解決するための,高速,大容量な通信を実現する光通信媒体であるLD (Laser Diode: 半導体レーザ) を用いた新しい対列車高速通信システムについて提案する. 
(英) We investigated the potential of optical wireless communication system between trains and ground. One of our approaches uses LD leaky GI-POF (Graded-Index Plastic Optical Fiber) and another way uses LD and cylindrical concave lens. In this paper, we report performance of these systems and results of experiment in the field at RTRI (Railway Technical Research Institute).
キーワード (和) 光無線通信 / 列車通信 / 漏洩光 / 漏洩プラスチック光ファイバー / 散乱体 / / /  
(英) Optical Wireless Communication / Train Communication / Leaky Light / Leaky Plastic Optical Fiber / Scatterer / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 240(CQ), 242(OIS), 244(IE), CQ2006-57, OIS2006-44, IE2006-59, pp. 41-46, 2006年9月.
資料番号  
発行日 2006-09-08 (CQ, OIS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE CQ LOIS ITE-ME IEE-CMN  
開催期間 2006-09-14 - 2006-09-15 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英)  
テーマ(和) オフィスにおけるマルチメディア通信、IP放送/映像サービスの品質および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEE-CMN 
会議コード 2006-09-IE-CQ-OIS-ITE-ME-IEE-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光無線通信技術を利用した対列車通信システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical wireless train communication systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線通信 / Optical Wireless Communication  
キーワード(2)(和/英) 列車通信 / Train Communication  
キーワード(3)(和/英) 漏洩光 / Leaky Light  
キーワード(4)(和/英) 漏洩プラスチック光ファイバー / Leaky Plastic Optical Fiber  
キーワード(5)(和/英) 散乱体 / Scatterer  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松澤 哲士 / Tetsushi Matsuzawa / マツザワ テツシ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小竹 秀明 / Hideaki Kotake / コタケ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 志村 彰洋 / Akihiro Shimura / シムラ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 真一郎 / Shinichiro Haruyama / ハルヤマ シンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石榑 崇明 / Takaaki Ishigure / イシグレ タカアキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 康博 / Yasuhiro Koike / コイケ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 正雄 / Masao Nakagawa / ナカガワ マサオ
第7著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 清隆 / Kiyotaka Seki / セキ キヨタカ
第8著者 所属(和/英) (財)鉄道総合技術研究所 (略称: 鉄道総研)
Railway Technical Research Institute (略称: RTRI)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-15 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEE-CMN 
資料番号 IEICE-CQ2006-57,IEICE-OIS2006-44,IEICE-IE2006-59 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.240(CQ), no.242(OIS), no.244(IE) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2006-09-08,IEICE-OIS-2006-09-08,IEICE-IE-2006-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会