お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-01 11:30
Outage Performance of Frame Splitting Cooperative Communications in MIMO-based Multiuser Wireless Networks
Chen SunMakoto TaromaruATR)・Jun ChengATR/Doshisha Univ.RCS2006-123
抄録 (和) 協調動作を行う複数の送信局から同一受信局へ伝送する時,協調的ダイバーシティ効果が得られるフレーム分割法を提案する.各送受信局は複数のアンテナ素子を有し,互いに無相関なレイリーフェージングMIMO伝搬路を仮定した.各送信局から受信局へのデータフレームは時分割されており,各送信局から順番に送信される.理論解析により劣化率を求めた結果,平均SNRに対して最もダイバーシティ効果が得られる最適なフレーム分割比を得ることができた. 
(英) A frame splitting (FS) scheme is proposed to exploit cooperative diversity in wireless transmission from multiple cooperative transmitters (TXs) to the
same receiver (RX), each having multiple antennas. The scenario comprises a number of multiple-input multiple-output (MIMO) channels with mutually
independent Rayleigh fading processes. A data frame from each TX for the RX is split into portions, each transmitted from a distinct TX in a sequential
manner. The distribution of information capacity for the FS scheme is formulated on the basis of FS fractional lengths. Analytical evaluation of
the outage probability reveals the optimal setting of FS fractional lengths for the maximum diversity benefits based on the knowledge of long-term
average SNRs of individual MIMO channels.
キーワード (和) 協調 / フェージング / ダイバーシチ / MIMO / ウィシャート行列 / / /  
(英) Cooperative communication / Rayleigh-fading / multiple-input multiple-output / correlated fading / exponential correlation model / Wishart matrices / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 223, RCS2006-123, pp. 109-114, 2006年8月.
資料番号 RCS2006-123 
発行日 2006-08-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-123

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2006-08-31 - 2006-09-01 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-08-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Outage Performance of Frame Splitting Cooperative Communications in MIMO-based Multiuser Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調 / Cooperative communication  
キーワード(2)(和/英) フェージング / Rayleigh-fading  
キーワード(3)(和/英) ダイバーシチ / multiple-input multiple-output  
キーワード(4)(和/英) MIMO / correlated fading  
キーワード(5)(和/英) ウィシャート行列 / exponential correlation model  
キーワード(6)(和/英) / Wishart matrices  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) スン チェン / Chen Sun / スン チェン
第1著者 所属(和/英) 株式会社 エイ・ティ・アール (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太郎丸 真 / Makoto Taromaru / タロウマル マコト
第2著者 所属(和/英) 株式会社 エイ・ティ・アール (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Jun Cheng / Jun Cheng / テイ シュン
第3著者 所属(和/英) 株式会社 エイ・ティ・アール (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR/Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-01 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-123 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会