お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-09-01 09:30
携帯電話網,Wi-Fi,FMCを用いた発展途上国向けルーラル通信方式の提案
畠山裕爾NTTドコモ)・市川敬章NTT-AT)・松本充司早大RCS2006-118
抄録 (和) 近年、発展途上国では都市部を中心に急速に携帯電話が普及しつつあるが,ルーラルエリアには固定電話もなく、携帯電話の電波も届いていない集落が多く存在する.そこで,ディジタルデバイド解消に向けたルーラル通信方式として,FMC(Fixed Mobile Convergence)を応用して無線LAN(IEEE802.11b)とセルラ網を融合させ,モビリティ機能のある携帯型無線IP電話方式を提案する.加えて無線LANと携帯電話網を接続するバックホール回線として準ミリ波帯(26GHz)を使用するWireless IP Access System (WIPAS)も含めた実験ネットワーク構成をタイ北部のルーラルエリアで構築し,途上国の多くが存在する熱帯モンスーンの気象環境下でその実証実験を行った.それにより携帯型無線IP電話方式のルーラルエリアでの実用性を確認するとともにPoint to PointタイプのWIPASを100mm/hourを超える降雨強度の下で運用し,遠隔集落への実用性を検証した. 
(英) Recently, cellular phone has been rapidly penetrating the population in the developing countries, mainly in urban areas, while on the other hand there are many villages in rural areas where there is no fixed-line phone or cellular reception. We are proposing the mobile wireless IP telephony with mobility as a rural telecommunication system, utilizing FMC (Fixed Mobile Convergence) and combining wireless LAN (IEEE802.11b) and cellular network. In addition, we examined the network configuration with Wireless IP Access System (WIPAS) that uses sub-millimeter spectrum (26GHz) as a backhaul circuit between wireless LAN and cellular network, and conducted its verification experiment in weather conditions of tropical monsoon region, where many of the developing countries are situated. Through this test we verified the viability of mobile wireless IP telephony in rural areas, and we additionally verified its viability in remote rural villages by operating a point-to-point type WIPAS under intense rainfall of over 100 mm/hour.
キーワード (和) Wi-Fi / WIPAS / FWA / FMC / ルーラル通信 / / /  
(英) Wi-Fi / WIPAS / FWA / FMC / Rural telecommunication system / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 223, RCS2006-118, pp. 79-84, 2006年8月.
資料番号 RCS2006-118 
発行日 2006-08-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-118

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2006-08-31 - 2006-09-01 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-08-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯電話網,Wi-Fi,FMCを用いた発展途上国向けルーラル通信方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Rural Telecommunication System with Cellular, Wi-Fi and FMC for Developing Countries 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(2)(和/英) WIPAS / WIPAS  
キーワード(3)(和/英) FWA / FWA  
キーワード(4)(和/英) FMC / FMC  
キーワード(5)(和/英) ルーラル通信 / Rural telecommunication system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠山 裕爾 / Yuji Hatakeyama / ハタケヤマ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 敬章 / Hirofumi Ichikawa / Hirofumi Ichikawa
第2著者 所属(和/英) エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTTAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 充司 / Mitsuji Matsumoto /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-09-01 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-118 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-08-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会