お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-27 11:30
マルチビット型パイプライン型ADCの検討
遠藤洋輝宮原正也松澤 昭東工大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2006-63
抄録 (和) マルチビット型パイプライン型ADCについて必要なオペアンプ利得、容量値、直線性誤差、変換周波数と消費電流の関係について検討した。容量ミスマッチ解析から算出した容量値は変換ビット数を上げるほど小さな値でも十分小さいDNLにできるとともにINLは劣化しないことが分かった。ノイズ解析から算出した容量値はビット構成に依存しない一定値となった。更にノイズ解析から算出した容量値を用いて変換周波数と消費電流の関係を見積もったところ、寄生容量が支配的でない領域ではマルチビット構成が若干高速、低消費電流であることが分かった。したがってこのような低電力領域ではマルチビット構成がDNLを確保し易いため、シングルビットに較べ有利である。 
(英) We have studied on the multi-bit pipeline A/D converter from the view pints of needed OP amp gain, needed capacitance, linearity, and the relation between operating current and conversion frequency. Better DNL will be expected, even if using small capacitance compared with a conventional 1.5 bit pipeline ADC. INL and needed capacitance value calculated by thermal noise analysis will be independent of the resolution for the unit conversion stage. Simulated maximum conversion frequency of the multi-bit pipelined ADC is slightly higher than that of the 1.5 bit pipelined ADC in low power region where the parasitic capacitances are sufficiently smaller than the signal capacitances.
キーワード (和) A/D変換器 / パイプライン動作 / マルチビット構成 / 低消費電力 / 高速動作 / / /  
(英) Analog to digital converter / pipeline operation / multi-bit conversion / low power technology / high speed technology / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 189, ICD2006-63, pp. 17-22, 2006年7月.
資料番号 ICD2006-63 
発行日 2006-07-20 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2006-63

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2006-07-27 - 2006-07-28 
開催地(和) 静岡大学(浜松キャンパス内) 
開催地(英)  
テーマ(和) イメージセンサのインターフェース回路、アナログ、および一般 <オーガナイザ:太田 淳(奈良先端大)> 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2006-07-ICD-ITE-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチビット型パイプライン型ADCの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the multi-bit-pipelined A/D converter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) A/D変換器 / Analog to digital converter  
キーワード(2)(和/英) パイプライン動作 / pipeline operation  
キーワード(3)(和/英) マルチビット構成 / multi-bit conversion  
キーワード(4)(和/英) 低消費電力 / low power technology  
キーワード(5)(和/英) 高速動作 / high speed technology  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 洋輝 / Hiroki Endou / エンドウ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮原 正也 / Masaya Miyahara / ミヤハラ マサヤ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松澤 昭 / Akira Matsuzawa / マツザワ アキラ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-27 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2006-63 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2006-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会