お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-27 14:00
[技術展示]短距離通信向けコグニティブ無線システムの提案
堀口智哉佐方 連井上 薫富澤武司小楠正大富岡多寿子東芝SR2006-16
抄録 (和) 本稿では,短距離通信に適したコグニティブ無線(CR)システムの提案を行う.CRシステムは,周波数を共用する他システム送信信号の周波数および時間的な間隙を積極的に利用することで,周波数資源を有効活用できる可能性がある.しかし,CRシステムを実現するためには,周波数を共用する他の無線通信システムへの与干渉を最小限に抑える必要がある.提案するシステムでは,干渉信号解析と2種類のキャリアセンスを用いることで,他システムの周波数使用状況を正確に把握する.また,デジタル信号処理で複数のシングルキャリア信号を生成し合成することで,アナログ回路の構成を単純なものにするとともに,細かい周波数の間隙にも柔軟に対応する. 
(英) In this manuscript, a new cognitive radio (CR) system for short-range wireless communication is proposed. CR systems can effectively use the frequency recourses to recognize white spaces and adapt communication channels. However, a CR system is required that interference power to other systems is minimized for coexistence with other systems. The proposed CR system can accurately recognize the frequency domain and time domain usage of other systems by using estimation of modulation scheme and two kinds of carrier senses. One is short time carrier sense before transmission, and the other is long time carrier sense for scanning wide band. In addition, for using small white spaces, analog circuits are made up of simple structures while digital circuits generate multiple single-carrier signals.
キーワード (和) コグニティブ無線 / LAN / PAN / キャリアセンス / / / /  
(英) Cognitive Radio / LAN / PAN / Carrier Sense / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 188, SR2006-16, pp. 17-22, 2006年7月.
資料番号 SR2006-16 
発行日 2006-07-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2006-16

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2006-07-27 - 2006-07-28 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 技術展示、ポスター展示、無線信号処理実装、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2006-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 短距離通信向けコグニティブ無線システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Cognitive Radio System for Short-Range Wireless Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) LAN / LAN  
キーワード(3)(和/英) PAN / PAN  
キーワード(4)(和/英) キャリアセンス / Carrier Sense  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀口 智哉 / Tomoya Horiguchi / ホリグチ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐方 連 / Ren Sakata / サカタ レン
第2著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 薫 / Kaoru Inoue / イノウエ カオル
第3著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 富澤 武司 / Takeshi Tomizawa / トミザワ タケシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小楠 正大 / Masahiro Ogusu / オグス マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 富岡 多寿子 / Tazuko Tomioka / トミオカ タズコトミオカ タズコ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-27 14:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2006-16 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.188 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2006-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会