電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-27 15:50
AdaBoostを利用した字幕テキストからの定型表現文章区間抽出
山田一郎三浦菊佳住吉英樹八木伸行NHK)・奥村 学徳永健伸東工大
抄録 (和) テレビ番組のナレーションでは、「場所紹介」や「人物紹介」など特定の事柄を表現するために同じような言い回しが多用される。このような言い回しを含む文章区間が抽出できれば、対応する番組映像区間の場所紹介や人物紹介といったメタデータを付与することができる。そこで本稿では、番組のクローズドキャプションを対象として定型表現を含む文章区間を抽出する手法を提案する。提案手法では、複数文のテキストデータから木構造を生成して、木構造間の類似性を木構造に含まれる部分木の類似度により評価する。この結果を弱学習器としたAdaBoostアルゴリズムにより学習を行い定型表現か否かの判定を行う。紀行番組のクローズドキャプションを対象として、場所を映像とともに説明する定型表現文章区間を抽出する実験を行い、提案手法の有効性を確認した。 
(英) In the closed captions, there are a lot of typical expressions to express specific things, for example, first introduction of a guest in a talk show or explanation of a place in travel program. Such information helps us to put metadata to the corresponding scenes. This paper proposes a method to extract a section including typical expressions. The first step generates tree structures from inputted section of sentences and evaluates the similarities between those tree structures. We use these similarities as weak learners of adaboost algorism to judge whether the section of sentences includes typical expressions or not. In the experiment of detecting sections including typical expressions which explain a place with video targeting closed captions of TV programs concerned with travel, we show the effectiveness of our method.
キーワード (和) メタデータ / 特定表現抽出 / クローズドキャプション / 木構造 / アダブースト / / /  
(英) Metadata / Typical expression extraction / Closed-caption / Tree Structure / AdaBoost Algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 190, NLC2006-5, pp. 25-30, 2006年7月.
資料番号 NLC2006-5 
発行日 2006-07-20 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2006-07-27 - 2006-07-28 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英) Future University Hakodate 
テーマ(和) 情報処理学会 自然言語処理研究会と共催 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2006-07-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AdaBoostを利用した字幕テキストからの定型表現文章区間抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Text Sections which contain typical forms from Closed Captions using AdaBoost Algorism 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタデータ / Metadata  
キーワード(2)(和/英) 特定表現抽出 / Typical expression extraction  
キーワード(3)(和/英) クローズドキャプション / Closed-caption  
キーワード(4)(和/英) 木構造 / Tree Structure  
キーワード(5)(和/英) アダブースト / AdaBoost Algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 一郎 / Ichiro Yamada / ヤマダ イチロウ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 菊佳 / Kikuka Miura / ミウラ キクカ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 住吉 英樹 / Hideki Sumiyoshi / スミヨシ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 伸行 / Nobuyuki Yagi / ヤギ ノブユキ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 学 / Manabu Okumura / オクムラ マナブ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学精密工学研究所 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 健伸 / Takenobu Tokunaga / トクナガ タケノブ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学大学院情報理工科学研究科 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-27 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2006-5 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.190 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2006-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会