電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-21 13:00
より強力な不正者に対する効率的なブラックボックス追跡のための階層的な鍵割り当て
松下達之東芝)・今井秀樹中大/産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ASIACRYPT 2004にて発表された公開鍵ベースのブラックボックス追跡方式における送信オーバヘッドを改善する階層的な鍵割り当て方法を提案する.提案する鍵割り当て方法をこの従来方式に応用すると,従来方式単独の場合よりも,送信オーバヘッドと各受信者の所要メモリ量とのバランスが取れたブラックボックス追跡方式を構成できる.より具体的には,秘密鍵サイズが大きく増加することなく,暗号文サイズを$O(\sqrt{n})$から$O(k+\log (n/k))$へ削減できる.ここで,$k$と$n$はそれぞれ最大結託人数,全受信者数を表す.提案する鍵割り当て方法を応用した結果得られる方式は,従来方式と同様に,追跡を検知した場合に追跡を逃れる,より巧妙に作成された不正復号器に対してもブラックボックス追跡可能である. 
(英) We propose a hierarchical key-assignment method by which the transmission overhead in a public-key black-box tracing scheme presented at ASIACRYPT 2004 can be improved. The previous scheme with our hierarchical key-assignment yields a better balance between the transmission overhead and each receiver's storage than the original one. More concretely, the ciphertext size can be reduced from $O(\sqrt{n})$ to $O(k+\log (n/k))$ without a substantial increase in the secret-key size, where $k$ and $n$ denote the maximum number of colluders in a coalition and the total number of receivers respectively. The resulting scheme, as well as the previous one, is black-box traceable against a self-defensive pirate decoder that escapes from tracing if it detects itself being examined.
キーワード (和) 階層的な鍵割り当て / ブラックボックス追跡 / より強力な不正者 / / / / /  
(英) hierarchical key assignment / black-box tracing / self-defensive pirates / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 176, ISEC2006-52, pp. 91-98, 2006年7月.
資料番号 ISEC2006-52 
発行日 2006-07-14 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2006-07-20 - 2006-07-21 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-07-ISEC-SITE-IPSJ-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) より強力な不正者に対する効率的なブラックボックス追跡のための階層的な鍵割り当て 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hierarchical Key Assignment for Efficient Public-Key Black-Box Tracing against Self-Defensive Pirates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 階層的な鍵割り当て / hierarchical key assignment  
キーワード(2)(和/英) ブラックボックス追跡 / black-box tracing  
キーワード(3)(和/英) より強力な不正者 / self-defensive pirates  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 達之 / Tatsuyuki Matsushita /
第1著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 秀樹 / Hideki Imai /
第2著者 所属(和/英) 中央大学,産業技術総合研究所 (略称: 中大/産総研)
Chuo University, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: Chuo Univ., AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-21 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2006-52 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.91-98 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2006-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会