電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-21 10:45
インターネットの分散観測による不正侵入者の探索活動のマクロ・ミクロ解析
福野直弥小堀智弘菊池浩明東海大)・寺田真敏日立)・土居範久中大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ワームやウィルス,スパイウェアなどに感染したホストはトラップドアを仕掛けたり,新たな侵入先を求
めて定期的なポートスキャンを実行したりしている.これらの振舞いは一様ではなく,特定のアドレスブロックを集
中的に探索する不正者やアドレス空間全域をランダムに探索する不正者などが混在している.そこで,本研究では,
JPCERT/CC により運営されている定点観測システムISDAS のデータを解析し,インターネット上での探索活動を
明らかにすることを試みる.まず,探索者全体の集合をマクロに見て統計的な情報を解析し,次に個々の探索者に注
目してミクロに解析を行う.これらの解析結果を元にして,不正者の振舞いを近似する数学モデルを提案する. 
(英) Computer virus and worms perform randomly spyware and port-scanning to nd a vulnerability in the
Internet. The fraction of malicious behaviors varies, e.g, some host performs scan contentionally and some host
scans uniformly over the IP address blocks. In this paper, rst, we analysis a set of source addresses observed by
distributed sensors in ISDAS from a macro view point. Second, we examine the behaviors malicious hosts of from
micro perspective. Finally, we study a new mathematical model for malicious hosts based on these analysis.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 176, ISEC2006-49, pp. 69-74, 2006年7月.
資料番号 ISEC2006-49 
発行日 2006-07-14 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2006-07-20 - 2006-07-21 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-07-ISEC-SITE-IPSJ-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターネットの分散観測による不正侵入者の探索活動のマクロ・ミクロ解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Macro and Micro Analysis on Vulnerability Scanning Activities via Distributed Observation over the Internet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福野 直弥 / Naoya Fukuno / フクノ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 智弘 / Tomohiro Kobori / コボリ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 浩明 / Hiroaki Kikuchi / キクチ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 真敏 / Masato Terada / テラダ マサト
第4著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi (略称: Hitach)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 土居 範久 / Norihisa Doi /
第5著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-21 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2006-49 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2006-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会