お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-21 11:00
ウェーブレット変換符号化における動画像の視覚的歪みの低減
飯田貴之菊池久和村松正吾新潟大
抄録 (和) JPEG 2000に代表されるウェーブレット変換符号化は,高い符号化性能,可逆・非可逆圧縮の統合,解像度,品質スケーラビリティ機能などの優れた特徴を持つ.しかし,動画像ウェーブレット変換符号化において,ビットレートが比較的低いときに量子化によって視覚的歪みが発生する問題がある.この視覚的歪みはちらつきを伴う画質劣化として感知されるため,歪みの低減が不可欠である.本稿では,時間軸方向も考慮した誤差拡散法を適用し,動画像の視覚的歪みを低減する方法について検討する.提案手法では,原画像と量子化後の復号画像の差を誤差として次フレームに拡散し画質の向上をはかる.最後に,実験により本手法の有効性を確認する. 
(英) Wavelet transform-based coding, like JPEG 2000, has various features such as high coding performance, unified lossless/lossy compression, resolution and SNR scalabilities. However, some visual artifacts produced by quantization appear in lower-bitrate video encoded by wavelet-based coding. It is indispensable to reduce visual artifacts with a flicker because they are visually noticeable. In this paper, we study the method of a spatio-temporal error diffusion to reduce the visual artifacts in video. The error is defined by a difference between an original frame and a decoded frame after quantization and it is diffused to the next frame to improve image quality. We show the validity of the proposed method by experiments.
キーワード (和) ウェーブレット変換 / Motion JPEG 2000 / 誤差拡散法 / 視覚的歪み / / / /  
(英) Wavelet transform / Motion JPEG 2000 / Error diffusion / Visual artifact / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 170, SIP2006-57, pp. 19-24, 2006年7月.
資料番号 SIP2006-57 
発行日 2006-07-14 (SIP, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SIP WBS  
開催期間 2006-07-20 - 2006-07-21 
開催地(和) 長岡技術科学大学 
開催地(英) Nagaoka Univ. of Tech. 
テーマ(和) 信号処理、スペクトル拡散、及び一般 
テーマ(英) Signal Processing, Wideband Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2006-07-SIP-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェーブレット変換符号化における動画像の視覚的歪みの低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visual Artifact Reduction Observed in Lower-Bitrate Video Encoded by Wavelet-Based Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウェーブレット変換 / Wavelet transform  
キーワード(2)(和/英) Motion JPEG 2000 / Motion JPEG 2000  
キーワード(3)(和/英) 誤差拡散法 / Error diffusion  
キーワード(4)(和/英) 視覚的歪み / Visual artifact  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 貴之 / Takayuki Iida / イイダ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 久和 / Hisakazu Kikuchi / キクチ ヒサカズ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 正吾 / Shogo Muramatsu / ムラマツ ショウゴ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-21 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2006-57,IEICE-WBS2006-21 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.170(SIP), no.172(WBS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2006-07-14,IEICE-WBS-2006-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会