電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-20 17:00
NXbitを回避するバッファオーバーフロー攻撃の防止手法
品川高廣東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,メモリページを実行禁止にするNXbit の機能を回避して,任意のバイナリコードの実行を可能にするバッファオーバーフロー攻撃を防止する手法について述べる.連鎖型のreturn-into-libc 攻撃を用いてページの保護属性を変更する攻撃を防止するために,ページを実行可能に設定するシステムコールの発行を制限するまた,バイナリコードをファイルに書き出して実行する攻撃を防ぐために,ファイルの実行を許可したりメモリに実行可能状態でマッピングするシステムコールを制限する. 
(英) This paper presents a protection scheme to prevent buffer overflow attacks that bypass the NXbit protection and execute arbitary binary code. In order to prevent unauthorized change of memory protection attributes by chained return-into-libc attacks, we restrict system calls that may drop the NXbit(execute permission) of memory pages. We also restrict system calls that may allow files to be executed or mapped into memory with execute permission to prevent attacks that execute injected binary code by way of files.
キーワード (和) オペレーティングシステム / セキュリティ / バッファオーバーフロー攻撃 / NXbit / / / /  
(英) Operating Systems / Security / Buffer Overflow Attacks / NXbit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 175(ISEC), 174(SITE), ISEC2006-38, SITE2006-35, pp. 215-222, 2006年7月.
資料番号  
発行日 2006-07-13 (ISEC, SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2006-07-20 - 2006-07-21 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-CSEC 
会議コード 2006-07-ISEC-SITE-IPSJ-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NXbitを回避するバッファオーバーフロー攻撃の防止手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preventing Buffer Overflow Attacks bypassing NXbit Protection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オペレーティングシステム / Operating Systems  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) バッファオーバーフロー攻撃 / Buffer Overflow Attacks  
キーワード(4)(和/英) NXbit / NXbit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 品川 高廣 / Takahiro Shinagawa / シナガワ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-20 17:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-CSEC 
資料番号 IEICE-ISEC2006-38,IEICE-SITE2006-35 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.175(ISEC), no.174(SITE) 
ページ範囲 pp.215-222 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2006-07-13,IEICE-SITE-2006-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会