電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-20 16:10
MD5の衝突条件の検証
仲野有登桑門秀典森井昌克神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文ではMD5の衝突探索で用いられる十分条件を実験的に検証した.
具体的には,衝突メッセージの作成を行い,得られたメッセージが十分条件を満
たすかどうかを検証した.
その結果,従来示されている十分条件のなかに不要な条件が七つあることを発見し,
これらの条件が不要であることを理論的に証明した.そのうちの三つ条件について
は満たさない割合を理論的に導出する. 
(英) Sufficient conditions for finding the collision pairs of MD5 are about
600 conditions on internal variables, but the necessity of the
conditions has not been studied. We investigate their necessity by a
computer simulation, that is, check 1724 pairs of collision messages
generated with the collision finding algorithm. As a result, we found
that seven conditions are unnecessary. We also show the reason that
three conditions of them are unnecessary. The theoretical analysis on
the remaining four conditions is a future work.
キーワード (和) ハッシュ関数 / MD5 / 十分条件 / 衝突探索 / / / /  
(英) hash function / MD5 / sufficient condition / collision search / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 175, ISEC2006-27, pp. 133-139, 2006年7月.
資料番号 ISEC2006-27 
発行日 2006-07-13 (ISEC, SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2006-07-20 - 2006-07-21 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-07-ISEC-SITE-IPSJ-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MD5の衝突条件の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Inspection of sufficient conditions of MD5 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハッシュ関数 / hash function  
キーワード(2)(和/英) MD5 / MD5  
キーワード(3)(和/英) 十分条件 / sufficient condition  
キーワード(4)(和/英) 衝突探索 / collision search  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲野 有登 / Yuto Nakano / ナカノ ユウト
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑門 秀典 / Hidenori Kuwakado / クワカド ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-20 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2006-27,IEICE-SITE2006-24 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.175(ISEC), no.174(SITE) 
ページ範囲 pp.133-139 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2006-07-13,IEICE-SITE-2006-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会