お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-15 11:20
問題解決学習を目的としたLEGOプログラミング演習支援GoalPost ~ 段階的詳細化に基づくゲーム戦略の設計支援 ~
大西洋平富永浩之林 敏浩山崎敏範香川大
抄録 (和) 大学初年次のC言語演習の導入授業を補完するものとして、応用力を試すイベント的な演習機会を設けることが効果的である。本研究では、アルゴリズム思考による問題解決能力の養成を目的とするグループコンテスト形式のLEGOプログラミング演習を提案する。また、LEGO課題のゲーム戦略の段階的な分析を通して、戦略設計と協調作業を支援するシステムGoalPostを開発している。本論では、特に、戦略設計支援として、問題のサブゴールを木構造で表現するプランニングツール、フィールド上にロボットの振舞いを図解する作戦設計ツールの機能を検討する。 
(英) In an introduction to C programming exercise, it is effective to provide a practice opportunity as an event to train applied ability. In this research, we propose LEGO programming exercise with group contest style for training of problem solving ability based on algorithmic thinking. We are developing support system GoalPost for strategy design and collaboration work through stepwise analysis of game strategy of LEGO problem. In this paper, we discuss two tools of strategy design support; the planning design tool for expresses a sub-goal of a problem in hierarchy structure, and operation design tool for visualizing a robot behavior on operation map.
キーワード (和) LEGOプログラミング演習 / 問題解決学習 / ゲーム戦略設計 / アルゴリズム思考 / / / /  
(英) LEGO programming exercise / problem solving learning / game strategy design / algorithmic thinking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 166, ET2006-26, pp. 25-30, 2006年7月.
資料番号 ET2006-26 
発行日 2006-07-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2006-07-15 - 2006-07-15 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ロボットを用いたプログラミング教育/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2006-07-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 問題解決学習を目的としたLEGOプログラミング演習支援GoalPost 
サブタイトル(和) 段階的詳細化に基づくゲーム戦略の設計支援 
タイトル(英) GoalPost: LEGO Programming Exercise Support for Problem Solving Learning 
サブタイトル(英) Game Strategy Design Support based on Stepwise Refinement 
キーワード(1)(和/英) LEGOプログラミング演習 / LEGO programming exercise  
キーワード(2)(和/英) 問題解決学習 / problem solving learning  
キーワード(3)(和/英) ゲーム戦略設計 / game strategy design  
キーワード(4)(和/英) アルゴリズム思考 / algorithmic thinking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 洋平 / Yohei Onishi / オオニシ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 浩之 / Hiroyuki Tominaga / トミナガ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 敏範 / Toshinori Yamasaki / ヤマサキ トシノリ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-15 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2006-26 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.166 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2006-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会