お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-13 14:05
主題語からの話題語自動抽出とこれに基づくWeb情報検索
野田武史大島裕明小山 聡田島敬史田中克己京大
抄録 (和) われわれが検索や比較の対象とする語には、それについて関連のある話題を表すような別の語を考えることができる。
本研究では最初に対象とした語を主題語、それに関連する話題を表す語を話題語と呼び、Web上の情報を利用して主題語に関連する話題語を自動抽出するとともに、その話題に関する情報を提供しているWebページを検索する手法について考察する。 
(英) When we search something in the Web, we choose some keywords to verbalize it. Generally, for every keyword we can thik of other keywords which represent a ``topic'' of them. For example, if we want to know something about Kyoto and choose the word ``Kyoto'' for initial keyword, then we can think of other keywords like ``sightseeing'', ``gourmet'', ``photo'' or ``hetel'' which describe some specific aspects of Kyoto, a ``topic'' in other words.
In this research we call the initial keywords ``Theme terms'' and latter associated keywords ``Topic terms''. We discussed how we could find topic terms for a specific theme term from the Web and tryied to find appropriate Web pages those were to be addressed by the theme term and topic term.
キーワード (和) 情報検索 / Webとインターネット / データマイニング / 話題 / 話題語 / / /  
(英) Information Retrieval / Web and Internet / Datamining / Topic / Topic Term / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 149, DE2006-90, pp. 239-244, 2006年7月.
資料番号 DE2006-90 
発行日 2006-07-06 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2006-07-12 - 2006-07-14 
開催地(和) ホテル泉慶 
開催地(英) HOTEL SENKEI 
テーマ(和) データ工学, 一般 
テーマ(英) Data Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2006-07-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 主題語からの話題語自動抽出とこれに基づくWeb情報検索 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Web Information retrieval by Extraction of Topic Terms from Subject Terms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報検索 / Information Retrieval  
キーワード(2)(和/英) Webとインターネット / Web and Internet  
キーワード(3)(和/英) データマイニング / Datamining  
キーワード(4)(和/英) 話題 / Topic  
キーワード(5)(和/英) 話題語 / Topic Term  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 武史 / Takeshi Noda / ノダ タケシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 裕明 / Hiroaki Ohshima / オオシマ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 聡 / Satoshi Oyama / オヤマ サトシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 敬史 / Keishi Tajima / タジマ ケイシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 克己 / Katsumi Tanaka / タナ カカツミ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-13 14:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2006-90 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.239-244 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2006-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会