電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-12 14:05
XMLデータベースにおける個人情報のアクセスコントロール方式の設計
福島卓也遠山元道慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年個人情報保護法の施行などにともない,個人情報管理の関心が高まっているといえる.個人情報はその情報の持ち主が「どの情報を誰と共有するか」というポリシーが人によって異なるという性質がある.したがって個人情報をデータベースで管理するときも各人のポリシーに応じた柔軟なアクセス制御が要求される.本稿ではデータベース中のデータに対して所有者を定義し,データの所有者とデータにアクセスするユーザーとの間に定義されたルールに基づいて制御を行うRule-Based Information Masking を提案し,個人情報を含むXML 文書に対してこれを適用する. 
(英) With the enforcement of personal information protection law, concern over management of personal data is growing nowaday. Personal data have a feature that the access policies which show owner is sharing ”which information with whom” differ among people. In this paper, we propose new access control model called Rule-Based Information Masking. RBIM defines owners of data in database, and it computes access rights by means of rules defined between owner of data and user accessing to the data. We applied this model to XML document which includes personal data.
キーワード (和) XML / アクセス制御 / 個人情報 / / / / /  
(英) XML / Access Control / Personal Information / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 148, DE2006-45, pp. 139-144, 2006年7月.
資料番号 DE2006-45 
発行日 2006-07-05 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2006-07-12 - 2006-07-14 
開催地(和) ホテル泉慶 
開催地(英) HOTEL SENKEI 
テーマ(和) データ工学, 一般 
テーマ(英) Data Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2006-07-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) XMLデータベースにおける個人情報のアクセスコントロール方式の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Access Control Model for Personal Data in XML Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) XML / XML  
キーワード(2)(和/英) アクセス制御 / Access Control  
キーワード(3)(和/英) 個人情報 / Personal Information  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 卓也 / Takuya Fukushima / フクシマ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠山 元道 / Motomichi Toyama /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-12 14:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2006-45 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.148 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2006-07-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会