お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-07-06 11:05
fMCGを用いた音楽鑑賞時の母親の心拍変動と胎児の心拍変動の関係
及川敬敏葛西祐介石山敦士早大)・中居賢司福島明宗岩手医科大)・伊藤 学アイ・シー・エス)・葛西直子産総研エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2006-16
抄録 (和) 母親が緊張したり,リラックスしたりしている状態が胎児にどのような影響を及ぼすかについて興味がもたれている.そこで本研究では胎児心磁図(fMCG : fetal MagnetoCardioGram)の計測により,母親の心拍変動と胎児の心拍変動の関係を調べた.
暗算およびクラシック環境下における母親の心電図と胎児のfMCGを同時計測し,母親と胎児の心拍変動とそのスペクトルを求め,心拍数,CV値 (Coefficient of Variation),LF (Low Frequency),HF (High Frequency),LF/HFを算出した.それぞれの値から母親と胎児の心拍変動の関係について検討した.
その結果,母親が緊張している場合には,胎児も緊張していることが多いことが分かった. 
(英) A great attention is engaged by the influence that mental condition of mother exerts on that of fetus. Therefore, we investigated the relationship between HRV (Heart Rate Variability) of mother and fetus.
We let five expectant mothers do arithmetic in their heads and listen to a classical music and ECG of mothers and fetal MCG were measured at the same time. Then HRV of mother and fetus and that spectrum, and calculated heart rate, CV value, LF, HF and LF/HF were evaluated. Using these values, we examined the relationship between HRV of mother and fetus.
The results found that fetus almost feel tension when mother feel tension.
キーワード (和) SQUID / fMCG / 心拍変動 / 自律神経 / LF / HF / /  
(英) SQUID / fMCG / Heart Rate Variability / Automatic nerve / LF / HF / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 139, SCE2006-16, pp. 23-26, 2006年7月.
資料番号 SCE2006-16 
発行日 2006-06-29 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:SCE2006-16

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2006-07-06 - 2006-07-06 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) SQUID,一般 
テーマ(英) SQUID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2006-07-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) fMCGを用いた音楽鑑賞時の母親の心拍変動と胎児の心拍変動の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship Between HRV of Mother and HRV of Fetus at Music Appreciation by using fMCG 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SQUID / SQUID  
キーワード(2)(和/英) fMCG / fMCG  
キーワード(3)(和/英) 心拍変動 / Heart Rate Variability  
キーワード(4)(和/英) 自律神経 / Automatic nerve  
キーワード(5)(和/英) LF / LF  
キーワード(6)(和/英) HF / HF  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 及川 敬敏 / Takatoshi Oikawa / オイカワ タカトシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛西 祐介 / Yusuke Kasai / カサイ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石山 敦士 / Atsushi Ishiyama / イシヤマ アツシ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中居 賢司 / Kenji Nakai / ナカイ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 岩手医科大学 (略称: 岩手医科大)
Iwate Medical University (略称: Iwate Medical Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 明宗 / Akimune Fukushima / フクシマ アキムネ
第5著者 所属(和/英) 岩手医科大学 (略称: 岩手医科大)
Iwate Medical University (略称: Iwate Medical Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 学 / Manabu Itoh / イトウ マナブ
第6著者 所属(和/英) 株式会社アイ・シー・エス (略称: アイ・シー・エス)
ICS Company Limited (略称: ICS Co. Ltd.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛西 直子 / Naoko Kasai / カサイ ナオコ
第7著者 所属(和/英) 独立行政法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: National Inst. of AIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-07-06 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2006-16 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SCE-2006-06-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会