お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-30 16:40
シリコンフォトニック結晶導波路における光カー効果 ~ 四光波混合光の発生 ~
加藤正夫倉持栄一新家昭彦田辺孝純納富雅也NTTエレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2006-26 LQE2006-30
抄録 (和) 二次元のシリコンフォトニック結晶導波路中で光カー効果に起因した3次の非線形光学効果である四光波混合(FWM:Four-wave mixing)を発生させた。励起光波長をスキャンして測定したFWM光への変換効率から、W1型導波路の諸特性(カットオフ波長、群速度分散、伝搬損失等)とFWM発生過程との相関を明らかにした。興味深い結果として、バンドギャップ端近傍では励起光波長間隔を制御して伝搬定数差を小さくするとFWM光への変換効率が理論値よりも向上する現象の起きることを初めて観測した。この要因は、バンドギャップ端近傍では急激に群屈折率の増大することが寄与していると考えられる。 
(英) Optical Kerr nonlinearity in two-dimensional silicon photonic crystal (Si-PhC) waveguides is studied by using the efficiency of four-wave mixing (FWM) arising from non-resonant nonlinear susceptibilities in telecom wavelength bands centered at 1550 nm. The wavelength conversion efficiency is dominated by the combination of group velocity dispersion (GVD) and propagation loss in a triangular lattice single line-defect Si-PhC waveguide. However, under phase-matching conditions achieving less detuning between pump beams, enhancement of FWM conversion efficiency is observed near the bandgap edge, which is the most dispersive region without a high propagation loss. From an analysis of the photonic bandgap structure, the actual nonlinear interaction length will be enlarged by alternating the group index near the bandgap edge.
キーワード (和) シリコン / フォトニック結晶 / カー効果 / 非線形光学効果 / 四光波混合 / / /  
(英) silicon / photonic crystal / Kerr / nonlinear / FWM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 133, OPE2006-26, pp. 55-58, 2006年6月.
資料番号 OPE2006-26 
発行日 2006-06-23 (OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2006-26 LQE2006-30

研究会情報
研究会 OPE LQE  
開催期間 2006-06-30 - 2006-06-30 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 量子効果デバイス(光信号処理、LD、光増幅、変調等)と集積化技術、一般(材料デバイスサマーミーティング) 
テーマ(英) Quantum Effect Optical Devices (optical signal processing, LD, optical amplification, modulation etc.) and Photonic Integrations [ES Summer Meeting on Materials and Devices] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2006-06-OPE-LQE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シリコンフォトニック結晶導波路における光カー効果 
サブタイトル(和) 四光波混合光の発生 
タイトル(英) Optical Kerr Nonlinearity in Silicon Photonic Crystal Waveguides 
サブタイトル(英) Four-wave mixing process 
キーワード(1)(和/英) シリコン / silicon  
キーワード(2)(和/英) フォトニック結晶 / photonic crystal  
キーワード(3)(和/英) カー効果 / Kerr  
キーワード(4)(和/英) 非線形光学効果 / nonlinear  
キーワード(5)(和/英) 四光波混合 / FWM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正夫 / Masao Kato / カトウ マサオ
第1著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Resarch Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉持 栄一 / Eiichi Kuramochi / クラモチ エイイチ
第2著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Resarch Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新家 昭彦 / Akihiko Shinya / シンヤ アキヒコ
第3著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Resarch Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 孝純 / Takasumi Tanabe / タナベ タカスミ
第4著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Resarch Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 雅也 / Masaya Notomi / ノウトミ マサヤ
第5著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Resarch Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-30 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2006-26,IEICE-LQE2006-30 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.133(OPE), no.134(LQE) 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OPE-2006-06-23,IEICE-LQE-2006-06-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会