お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-23 15:45
パラレルウェイト型リカバリを用いたWDM波長予約手法
田口直人桧垣博章東京電機大IN2006-34
抄録 (和) 全光ネットワークにおけるWDM(Wavelength Division Multiplexing)を用いた通信においては、通信開始前に通信経路の検出、通信に用いる波長の選択、経路上のすべての光リンクにおける波長の予約を行なわなければならない。
パス多重化による波長予約においては、経路上のすべての光リンクで同一の波長を予約する必要がある。
光リンクの空き波長を光ルータで管理する分散管理手法では、予約を試みる波長が経路上の光リンクで予約済みであることは、予約プロトコル実行中に光ルータで検出される。
この検出時の処理として、ドロップ方式と、ホールディング方式が提案されているが、いずれもある光リンクで予約済みであることを検出すると他の光リンクでの予約の試みを行なわない。
本論文では、この点を改善し、複数の光リンクで予約の開放を待つことができる並列ウェイト方式を提案し、これを用いた波長予約プロトコルを設計する。 
(英) In all optical networks with WDM(Wavelength Division Multiplexing),before application message transmission, route detection, wavelength selection and wavelength reservation are required.
In a path--multiplexing wavelength reservation, a wavelength is required to be reserved in all optical links along a message transmission route.
In addition, in a distributed wavelength reservation management,it is detected that a wavelength reserving for a message transmission route has been already reserved in an optical router during an execution of a wavelength reservation protocol.
For supporting such detection, two methods, dropping and holding have been proposed.
However, in both methods, an execution of a reservation protocol suspends with detection of an optical link in which a reserving wavelength has been reserved for another message transmission.
In order to achieve shorter reservation time, this paper proposes a parallel waiting methods in which multiple optical routers along a message transmission route wait for release of a reserving wavelength simultaneously.
In addition, we design a wavelength reservation protocol CFW based on parallel waiting.
キーワード (和) 全光ネットワーク / 波長予約 / 波長分割多重化 / / / / /  
(英) all optical networks / wavelength reservation / WDM(Wavelength Division Multiplexing) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 118, IN2006-34, pp. 103-108, 2006年6月.
資料番号 IN2006-34 
発行日 2006-06-15 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2006-34

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2006-06-22 - 2006-06-23 
開催地(和) 函館未来大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタスネットワーク、モバイルネットワークおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2006-06-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) パラレルウェイト型リカバリを用いたWDM波長予約手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) WDM Wavelength Reservation with Parallel Waiting from Failure in WDM All Optical Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全光ネットワーク / all optical networks  
キーワード(2)(和/英) 波長予約 / wavelength reservation  
キーワード(3)(和/英) 波長分割多重化 / WDM(Wavelength Division Multiplexing)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 直人 / Naoto Taguchi /
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki /
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-23 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2006-34 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.118 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2006-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会