お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-23 13:00
Data-Privacy と Key-Privacy の関係について
林 良太郎田中圭介東工大
抄録 (和) 公開鍵暗号における一般的な安全性指標は,
一方向性 (OW) や判別不可能性 (IND) といった,
暗号化されるデータ(平文)に関するものである.
一方で,Bellare,Boldyreva,Desai,Pointcheval は
公開鍵暗号の新しい安全性指標として,匿名性 (IK) を提案した.
匿名性とは,暗号文を見ても,それが誰の鍵で暗号化されたのかが
わからないという性質である.
これらに関連して,Halevi は,
匿名性を満たすためのある種の十分条件 (IKR) を与えた.
具体的には,IND かつ IKR をみたす方式が,IK をみたすことを示した.
また,Hayashi,Tanaka は,Bellare らの定義を拡張し,
新しい匿名性 (強匿名性,sIK) を定義した.
本論文では,data-privacy に関する安全性指標 (OW, IND) と,
key-privacy に関する安全性指標 (IK, IKR, sIK) の関係を示す. 
(英) The classical security requirement
of public-key encryption schemes is
that it provides privacy
of the encrypted data.
Popular formalizations
such as one-wayness (OW) or indistinguishability (IND)
are directed at capturing
various data-privacy requirements.
Bellare, Boldyreva, Desai, and Pointcheval
proposed a new security requirement of encryption schemes called
``key-privacy'' or ``anonymity''
(IK, which means ``indistinguishability of keys.'').
It asks that an encryption scheme provides
privacy of the key under which the
encryption was performed.
Related to this security notion,
Halevi provided a simple sufficient condition
(which we denote IKR)
and he showed
IND and IKR implies IK.
Recently, Hayashi and Tanaka
proposed a new definition of the anonymity property,
which we call the strong anonymity (sIK).
In this paper, we show the relationships
between data-privacy (IND, OW) and key-privacy (IK, IKR, sIK).
キーワード (和) 公開鍵暗号 / 匿名性 / 判別不可能性 / 一方向性 / / / /  
(英) public-key encryption / anonymity / indistinguishability / one-wayness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 128, COMP2006-20, pp. 21-27, 2006年6月.
資料番号 COMP2006-20 
発行日 2006-06-16 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2006-06-23 - 2006-06-23 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英) Saitama Univ. 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2006-06-COMP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Data-Privacy と Key-Privacy の関係について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationships between Data-Privacy and Key-Privacy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 公開鍵暗号 / public-key encryption  
キーワード(2)(和/英) 匿名性 / anonymity  
キーワード(3)(和/英) 判別不可能性 / indistinguishability  
キーワード(4)(和/英) 一方向性 / one-wayness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 良太郎 / Ryotaro Hayashi / ハヤシ リョウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 圭介 / Keisuke Tanaka / タナカ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-23 13:00:00 
発表時間 35 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2006-20 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.21-27 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-COMP-2006-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会