お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-22 14:00
等式付き書換え系の等式数を削減する変換
三浦浩一西田直樹酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗名大
抄録 (和) 与えられた等式集合を法として計算する等式付き書換え計算では,等式集合の語問題が決定不能であるため,一般には,与えられた項から1ステップで到達可能なすべての項を決定することができない.
本稿では,与えられた等式付き書換え系を等価変換する手続きを与える.提案する手続きでは,等式の一部を規則化し,さらにそれらと重なる規則に対してそれらの等式を法として等価な左辺を持つ規則を追加する.元の等式集合から等式数を削減し,語問題が決定可能となる等式を残すことができれば,等式付き書換え系における1ステップの計算で到達可能なすべての項が決定可能となる.本変換は,等式付き書換え系の計算系列において各等式の適用順序が可換であるシステムを対象とする.
また,本手法をプロセス計算の一つであるアンビエント計算に適用し,2つの単純な構造等価関係を規則化に成功した例を示す. 
(英) In equational rewriting, which is rewriting modulo equations, the set of all direct successors from a given term is in generally undecidable because the word problem for equations is undecidable.
In this paper, we give an equivalent transformation of equational rewriting systems.The procedure converts some of the given equations to corresponding rewrite rules, and simultaneously adds rewrite rules whose left-hand sides are equivalent modulo equations with the left-hand sides of some of the given rules. Succeeded to reduce the number of equation so that the word problem for the remaining equation is decidable,the set of all direct successors of a given term becomes decidable.The procedure requires that input equations are commutative to the other equations.
We also give a successful example of the procedure that is for ambient calculus.
キーワード (和) 項書換え系 / E書換え計算 / アンビエント計算 / 構造等価性 / / / /  
(英) term rewriting system / rewriting modulo equations / ambient calculus / structural congruence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 120, SS2006-14, pp. 7-12, 2006年6月.
資料番号 SS2006-14 
発行日 2006-06-15 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2006-06-22 - 2006-06-23 
開催地(和) 岡山大学創立五十周年記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2006-06-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 等式付き書換え系の等式数を削減する変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transformation of Equational Rewriting Systems for Removing some Equations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 項書換え系 / term rewriting system  
キーワード(2)(和/英) E書換え計算 / rewriting modulo equations  
キーワード(3)(和/英) アンビエント計算 / ambient calculus  
キーワード(4)(和/英) 構造等価性 / structural congruence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 浩一 / Koichi Miura / ミウラ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 直樹 / Naoki Nishida / ニシダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 正彦 / Masahiko Sakai / サカイ マサヒコ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂部 俊樹 / Toshiki Sakabe / サカベ トシキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 草刈 圭一朗 / Keiichirou Kusakari / クサカリ ケイイチロウ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-22 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2006-14 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2006-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会