電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-16 10:30
EM法を用いた逐次更新型ブースティング
西野亮太郎村田 昇早大
抄録 (和) データが次々と得られる状況でAdaboostを用いる場合,一般には新たに採取されたデータを使って再度はじめから学習し直すか,あるいは学習器を増やす必要がある.
本報告では新たなデータの学習器に対する依存度によって,学習器を増やすことなく精度の向上を図ることを考え,そのための依存度をEM法で推定する逐次更新型ブースティングのアルゴリズムを提案する.また,簡単な数値実験によりその有効性を検証する. 
(英) When the Adaboost algorithm is used in case that a datum is generated one after another, in general, all the learners have to be trainned again or a new learner has to be added for the new sample.
In this paper, an on-line boosting algorithm is considered to improve the accuracy without increasing learners. In the proposed algorithm, dependence of data for each learner is estimated by the EM algorithm. Moreover, advantages of the proposed method is confirmed by some numerical experiments.
キーワード (和) ブースティング / オンライン / EMアルゴリズム / / / / /  
(英) Boosting / On-line / EM algorithm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 102, NC2006-26, pp. 25-30, 2006年6月.
資料番号 NC2006-26 
発行日 2006-06-09 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2006-06-15 - 2006-06-16 
開催地(和) OIST 
開催地(英) OIST 
テーマ(和) 「機械学習によるバイオデータマインニング」および「一般」 
テーマ(英) Bio-data Mining with Machine Learning and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2006-06-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EM法を用いた逐次更新型ブースティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On-line Boosting Method based on EM algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブースティング / Boosting  
キーワード(2)(和/英) オンライン / On-line  
キーワード(3)(和/英) EMアルゴリズム / EM algorithm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 亮太郎 / Ryotaro Nishino / ニシノ リョウタロウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 昇 / Noboru Murata / ムラタ ノボル
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-16 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-26 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.102 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2006-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会