電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-16 14:20
階層型自己組織化による嗅内皮質のグリッド細胞モデル
大城尚紀倉田耕治琉球大
抄録 (和) ラットの嗅内皮質(dMEC)において,六方格子状に離散的に配置された受容野を持つ場所細胞(grid cell)が見つかった.この細胞は視覚入力により駆動され,学習によってその特性を獲得する.隣接する細胞は位相のずれた同様の受容野となっている.本発表ではこの受容野を再現する階層型自己組織神経回路モデルを提案する.モデルは2層のLVQで構成され,上位層と下位層に分かれる.各層は位置に応じた同じ入力を受け,下位層は上位層からの抑制入力を受けながら学習を行なう.これにより下位層には離散的で周期的な受容野が形成される. 
(英) In recent study of cortical micro circuits, it was found that spatial information is represented by `grid cells' in the dorsocaudal medial entorhinal cortex (dMEC). The receptive field of a grid cell consists of periodically distributed small regions. In this paper, we proposed a new computational model based on information separation method, which can reproduce such a receptive field. The model consists of two LVQ(learning vector quantization) layers. Both of the layers receive external input representing position, and one of them receives inhibitory input from the other via anti-Hebbian synapses.
キーワード (和) 自己組織化 / グリッド細胞 / 学習ベクトル量子化 (LVQ) / / / / /  
(英) self-organizing model / grid cell / LVQ / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 102, NC2006-32, pp. 57-61, 2006年6月.
資料番号 NC2006-32 
発行日 2006-06-09 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2006-06-15 - 2006-06-16 
開催地(和) OIST 
開催地(英) OIST 
テーマ(和) 「機械学習によるバイオデータマインニング」および「一般」 
テーマ(英) Bio-data Mining with Machine Learning and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2006-06-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 階層型自己組織化による嗅内皮質のグリッド細胞モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A self-organizing model of the grid cells in the entorhinal cortex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化 / self-organizing model  
キーワード(2)(和/英) グリッド細胞 / grid cell  
キーワード(3)(和/英) 学習ベクトル量子化 (LVQ) / LVQ  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 尚紀 / Naoki Oshiro / オオシロ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Ryukyu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉田 耕治 / Koji Kurata /
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Ryukyu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-16 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-32 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.102 
ページ範囲 pp.57-61 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2006-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会