電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-16 14:50
正則LDPC符号とRS(204,188)符号の連接符号の検討
鈴木陽一筋誡 久田中祥次今井一夫NHKSAT2006-9
抄録 (和) 放送分野においては,スーパーハイビジョン,立体HDTVなど次世代の放送メディアや番組素材のワイヤレスカメラによるハイビジョン非圧縮伝送など,伝送信号の広帯域化への要求が高まっている.本報告では,広帯域信号に適用する誤り訂正符号として,正則LDPC符号とRS(204,188)符号の連接符号を適用した場合の特性について述べる.この方式は,BSデジタル放送用規格であるISDB-Sで採用されているたたみ込み符号とRS(204,188)符号の連接符号に比べ高い符号化利得を得ることができると共に,欧州の衛星放送用規格であるDVB-S2で採用されている非正則LDPC符号とBCH符号の連接符号に比べ,復号に要する計算量を約55%以下にでき,ハードウエア化に必要な回路の集積度の低減が可能である. 
(英) In the broadcasting field, there is an increasing demand for wider bandwidth of the transmission channel to transmit the next generation broadcasting media such as Super Hi-Vision, three-dimensional HDTV, and uncompressed HDTV program materials by the wireless camera. In this paper, we introduce concatenated coding using the regular LDPC code and the Reed-Solomon (204,188) code as the FEC coding scheme for the wideband transmission signal and indicate the characteristics of its performance. This coding scheme has a high coding gain in comparison with the concatenated coding using the Convolutional code and the Reed-Solomon (204,188) code adopted by the ISDB-S standard and it can make the calculation amount in decoding to 55% or less in comparison with the concatenated coding using the irregular LDPC code and the BCH code adopted by the DVB-S2 standard, and result in reducing the circuit integration degree for hardware implementation of FEC coding.
キーワード (和) 衛星放送 / 伝送路符号化 / スーパーハイビジョン / LDPC符号 / RS(204,188)符号 / 連接符号 / DVB-S2 /  
(英) Satellite Broadcasting / channel coding / Super Hi-Vision / LDPC code / RS(204,188)code / concatenated code / DVB-S2 /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 104, SAT2006-9, pp. 7-12, 2006年6月.
資料番号 SAT2006-9 
発行日 2006-06-09 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2006-9

研究会情報
研究会 SAT WBS  
開催期間 2006-06-16 - 2006-06-16 
開催地(和) ぬまづ産業振興プラザ 
開催地(英) Numazu Industry Promotion Plaza 
テーマ(和) 符号化,変復調,信号処理技術および一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Demodulation, signal processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2006-06-SAT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正則LDPC符号とRS(204,188)符号の連接符号の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of the concatenated coding using the regular LDPC code and the Reed-Solomon (204,188) code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星放送 / Satellite Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 伝送路符号化 / channel coding  
キーワード(3)(和/英) スーパーハイビジョン / Super Hi-Vision  
キーワード(4)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(5)(和/英) RS(204,188)符号 / RS(204,188)code  
キーワード(6)(和/英) 連接符号 / concatenated code  
キーワード(7)(和/英) DVB-S2 / DVB-S2  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Laboratories (略称: NHK STRL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 筋誡 久 / Hisashi Sujikai / スジカイ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Laboratories (略称: NHK STRL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Laboratories (略称: NHK STRL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 一夫 / Kazuo Imai / イマイ カズオ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technical Research Laboratories (略称: NHK STRL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-16 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2006-9 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.104 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2006-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会