お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-15 09:30
単語の印象を考慮した言い換え処理に基づくクエリ展開
熊本忠彦NICT)・田中克己京大
抄録 (和) 近年,Web上には大量かつ多種多様なWebページが存在しており,Web検索システムや質問応答システム,評判分析システム等の貴重な情報源となっている.Web上の情報の多くはテキスト形式で記述されているため,記述スタイル(文体やボキャブラリなど)という点において個人差が大きく,Web上の情報を精度よく獲得するのは容易でない.そこで,我々は,「育児に参加しない父親」のようなトピック表現(文字列)がクエリとして入力されたときに,そのトピックに関し何らかの記述のあるWebページを正確かつ網羅的に収集するトピック検索方式の実現を目指している.本稿では,その第1段階として,単語1語を別の単語1語に変換する語彙的言い換え方式を提案する.提案方式は,(1)クエリ中の内容語(普通名詞,サ変名詞,形容詞,動詞,カタカナ)に対する言い換え候補をWeb検索により獲得し,(2)言い換えの妥当性を2種類の共起辞書を用いて判定する.その結果,(3)言い換え可と判定された候補を用いて,新たなクエリを生成する.このとき,単語どうしの前接関係・後接関係・述語関係を示す共起辞書だけでなく,ある特定の評価軸に沿って対比させられた2つの単語群との共起関係を示す共起辞書(印象辞書)を用いて,言い換えの妥当性を判定する点が提案方式の特徴であり,いくつかのクエリを用いた評価実験により,その有効性を検証する. 
(英) We have been developing a retrieval scheme that accurately and exhaustively collects the Web pages which are related to a user-given topic on the Web. In this article, we propose a method for expanding queries using a paraphrase technique as the first step of this research. Our proposed method paraphrases a word in a user-given phrase into another word in the following way. When users entered a character string representing a topic as a query, the method extracts common nouns, action nouns, adjectives, verbs, and katakana characters as target words out of the query, and then obtains candidate words for paraphrasing the target words based on information retrieval on the Web. Validity in paraphrasing of these candidate words is tested using two kinds of co-occurrence dictionaries. Then, the method expands the initial query by paraphrasing zero or more of the target words into the candidate words that were determined to be valid. A distinctive point of our proposed method is that it uses not only a co-occurrence dictionary that describes the `preceding,' `following,' and `predicate' relationships between words but also a co-occurrence dictionary that describes relationships between words and two contrasting sets of impression words in order to test validity of their paraphrasing.
キーワード (和) クエリ拡張 / 印象マイニング / 言い換え / 単語印象 / / / /  
(英) query expansion / sentiment mining / paraphrasing / mood of word / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 97, DE2006-1, pp. 1-6, 2006年6月.
資料番号 DE2006-1 
発行日 2006-06-08 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2006-06-15 - 2006-06-16 
開催地(和) 函館市中央図書館 
開催地(英)  
テーマ(和) データ工学とメディア理解との融合 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2006-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単語の印象を考慮した言い換え処理に基づくクエリ展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Query Expansion Based on Paraphrasing Using Sentimental Aspects of Words 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クエリ拡張 / query expansion  
キーワード(2)(和/英) 印象マイニング / sentiment mining  
キーワード(3)(和/英) 言い換え / paraphrasing  
キーワード(4)(和/英) 単語印象 / mood of word  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊本 忠彦 / Tadahiko Kumamoto / クマモト タダヒコ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 克己 / Katsumi Tanaka /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-15 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2006-1,IEICE-PRMU2006-39 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.97(DE), no.99(PRMU) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2006-06-08,IEICE-PRMU-2006-06-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会