お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-15 16:00
[パネル討論]データ工学とメディア理解との融合 ~ 大量データにおけるパターン情報を扱う新しい枠組みは? ~
井手一郎名大/NII)・新田直子阪大)・尾関基行中村裕一京大
抄録 (和) 従来,パターン認識・メディア理解の分野では,映像,ウェブ,ブログなどの時間軸を持った大量のデータを対象とした構造化・検索・要約・製作に関する研究が行われてきました.一方,データ工学の分野では,大量データ・時系列データの構造化・データパターンの発見などに関する研究が盛んに行われています.しかし今後,映像,ウェブ,ブログを対象とした構造化・データパターンの発見による検索・コンテンツ製作といった両分野を融合した研究分野の発展のためには,パターン認識・メディア理解側の考える「検索」とは何か,逆にデータ工学側の考える「パターン」とは何か,といった融合の土俵となる概念の定義について互いに明確にし,共通認識を図ることが重要となると考えられます.そこで,「大量データ」「時系列データ」をキーワードに,その構造化・検索・要約・製作を実現するための,データ間の関係性・規則性といったパターン抽出,収集・蓄積,可視化の方法などについて,現在研究されている方々をパネリストとして迎え,議論します. 
(英) Structuring, retrieval, summarization, and editing of massive
chronological data, such as video streams, web pages, and blogs, have
been active research topics in the pattern recognition field. On the
other hand, in the data engineering field, structuring and pattern
discovery targeting massive chronological data are the current hot
topics. In order to support the development of an integrated research
field of these two fields such as retrieval and content editing based
on the data structuring and pattern discovery, it is important to
establish a clear consensus between both fields on the definitions of
common issues, that is, ``What is a `pattern' from the data
engineering perspective?'' and ``What is expected for `retrieval' from
the pattern recognition perspective?''. In this panel, cutting-edge
researchers in both fields will discuss issues on the methodologies to
extract patterns such as relations and regularities in data, to
collect, archive, and visualize `massive' and `chronological' data,
which are necessary to realize their structuring, retrieval,
summarization, and editing.
キーワード (和) 大量データ / 時系列データ / パターン / 検索 / / / /  
(英) Massive data / Chronological data / Patterns / Retrieval / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 99, PRMU2006-48, pp. 51-56, 2006年6月.
資料番号 PRMU2006-48 
発行日 2006-06-08 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2006-06-15 - 2006-06-16 
開催地(和) 函館市中央図書館 
開催地(英)  
テーマ(和) データ工学とメディア理解との融合 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2006-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データ工学とメディア理解との融合 
サブタイトル(和) 大量データにおけるパターン情報を扱う新しい枠組みは? 
タイトル(英) Integration of data engineering and pattern understanding 
サブタイトル(英) How shall we handle patterns in massive data? 
キーワード(1)(和/英) 大量データ / Massive data  
キーワード(2)(和/英) 時系列データ / Chronological data  
キーワード(3)(和/英) パターン / Patterns  
キーワード(4)(和/英) 検索 / Retrieval  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大/NII)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新田 直子 / Naoko Nitta / ニッタ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾関 基行 / Motoyuki Ozeki / オゼキ モトユキ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 裕一 / Yuichi Nakamura / ナカムラ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-15 16:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-DE2006-10,IEICE-PRMU2006-48 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.97(DE), no.99(PRMU) 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2006-06-08,IEICE-PRMU-2006-06-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会