電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-15 10:40
自己vs.他者運動の内的推定における後部頭頂皮質の側性:fMRI研究
小川健二乾 敏郎JST/京大
抄録 (和) ヒトの運動制御において重要である運動の内的な推定には,その対象が自己あるいは他者(外界)の運動という2種類が存在する.本研究は,視覚情報がない場合の自己と他者の運動に対する内的推定における神経基盤の違いを核磁器共鳴画像法(fMRI)で検討した.協力者はスクリーン上を正弦波運動するターゲットをマウスカーソルで追随した.運動中にターゲット(他者),あるいはカーソル(自己)の運動が一時的に視覚遮断される試行をランダムに設けた.結果から,視覚遮断なしの試行に比べ,ターゲット,およびカーソルが遮断される試行に共通して,前補足運動野(pre-SMA)の活動が見られた.また後部頭頂皮質では遮断対象による側性が見られ,ターゲット遮断では右上/下頭頂小葉(SPL/IPL),カーソル遮断では左IPLの有意な活動が見られた.この結果から,pre-SMAは視覚運動イメージ化に関連し,後部頭頂皮質における右SPL/IPL,左IPLがそれぞれ他者,自己の内的な運動推定に関与することが示唆された. 
(英) Internal estimation of movements is an essential component in human motor control. Movement estimation comprise two types: movement of self and movement of others. Here we investigated the neural correlates of movement estimation of the self versus others with functional magnetic resonance imaging (fMRI). Participants tracked a target, which was moving sinusoidally on the screen, with a cursor controlled by a computer mouse. This task included a trial in which either the target (other) or the cursor (self) motion was visually occluded. The fMRI results revealed the activation in the pre-SMA in common to both target and cursor occlusion. Moreover, laterality of the posterior parietal cortex was observed between the occlusion of target and cursor: right superior/inferior parietal lobule (SPL/IPL) and left IPL showed greater activation during occlusion of the target and the cursor, respectively. These results suggest that the pre-SMA is involved in internal visuomotor imagery and that right SPL/IPL and left IPL are involved in internal estimation of target and self motion, respectively.
キーワード (和) 視覚追随運動 / 視覚遮断 / 運動推定 / fMRI / 後部頭頂皮質 / 前補足運動野 / /  
(英) visuomotor tracking / visual occlusion / movement estimation / fMRI / posterior parietal cortex / pre-supplementary motor area / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 101, NC2006-11, pp. 13-18, 2006年6月.
資料番号 NC2006-11 
発行日 2006-06-08 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2006-06-15 - 2006-06-16 
開催地(和) OIST 
開催地(英) OIST 
テーマ(和) 「機械学習によるバイオデータマインニング」および「一般」 
テーマ(英) Bio-data Mining with Machine Learning and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2006-06-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己vs.他者運動の内的推定における後部頭頂皮質の側性:fMRI研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lateralization of posterior parietal cortex for internal movement estimation of self vs. other: an fMRI study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚追随運動 / visuomotor tracking  
キーワード(2)(和/英) 視覚遮断 / visual occlusion  
キーワード(3)(和/英) 運動推定 / movement estimation  
キーワード(4)(和/英) fMRI / fMRI  
キーワード(5)(和/英) 後部頭頂皮質 / posterior parietal cortex  
キーワード(6)(和/英) 前補足運動野 / pre-supplementary motor area  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 健二 / Kenji Ogawa / オガワ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 科学技術振興機構ERATO浅田プロジェクト/京都大学大学院 (略称: JST/京大)
Asada project, ERATO, Japan Science and Technology Agency/Kyoto University (略称: JST/Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 敏郎 / Toshio Inui / イヌイ トシオ
第2著者 所属(和/英) 科学技術振興機構ERATO浅田プロジェクト/京都大学大学院 (略称: JST/京大)
Asada project, ERATO, Japan Science and Technology Agency/Kyoto University (略称: JST/Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-15 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2006-11 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2006-06-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会