電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-06-02 16:10
有機多層膜ミラーを用いたDBR型およびDFB型面発光色素レーザの基礎検討
竹内英樹夏目和俊鈴木俊平坂田 肇静岡大エレソ技報アーカイブへのリンク:LQE2006-14
抄録 (和) 屈折率の異なる二つの樹脂、セルロースアセテートとポリビニルカルバゾールを用いて多層膜ミラーを作製した。このミラーを垂直共振器に利用し、レーザ色素ピロメテン567を活性領域にドープしたDBR型と、活性領域とミラー領域にドープしたDFB型の二種類のレーザ構造を作製した。Nd:YAGレーザの第二高調波光(パルス幅7 ns、繰り返し周波数10 Hz)で励起を行い、両者の特性評価を行った。DBR型とDFB型の閾値パルスエネルギはそれぞれ、88 μJ/pulse、60 μJ/pulseであった。 
(英) Multiple-layer mirrors were consisted of two polymers with different refractive indices, i.e., cellulose acetate and poly(N-vinylcarbazole). Using such mirrors, we fabricated DBR-type and DFB-type vertical-cavity resonators. The samples were pumped by the second harmonic of a 7 ns Q-switched Nd:YAG laser. The lasing phenomena were observed in two types of resonators. The threshold pulse energy of DBR laser and DFB laser were 88 μJ/pulse and 60 μJ/pulse, respectively.
キーワード (和) 多層膜ミラー / 面発光色素レーザ / ピロメテン567 / / / / /  
(英) multiple-layer mirror / surface-emitting dye laser / pyrromethene567 / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 90, LQE2006-14, pp. 63-68, 2006年6月.
資料番号 LQE2006-14 
発行日 2006-05-26 (LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:LQE2006-14

研究会情報
研究会 LQE  
開催期間 2006-06-02 - 2006-06-02 
開催地(和) 福井大学 
開催地(英) University of Fukui 
テーマ(和) 量子光学、非線形光学、超高速現象、レーザ基礎、及び一般 
テーマ(英) Quantum Optics, Non-linear Optics, Ultra-high Speed Phenomenon, Laser Physics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2006-06-LQE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有機多層膜ミラーを用いたDBR型およびDFB型面発光色素レーザの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of DBR- and DFB-type surface-emitting dye lasers using organic multiple-layer mirrors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多層膜ミラー / multiple-layer mirror  
キーワード(2)(和/英) 面発光色素レーザ / surface-emitting dye laser  
キーワード(3)(和/英) ピロメテン567 / pyrromethene567  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 英樹 / Hideki Takeuchi / タケウチ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏目 和俊 / Kazutoshi Natsume / ナツメ カズトシ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 俊平 / Shunpei Suzuki / スズキ シュンペイ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 肇 / Hajime Sakata / サカタ ハジメ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-06-02 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-LQE2006-14 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LQE-2006-05-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会