お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-26 10:00
動画の3次元周波数成分を用いた顔認証システム
山名信弘井辺昭人三浦文裕前島謙宣森島繁生早大
抄録 (和) 本研究は、表情変化する顔を撮影した動画像を3次元フーリエ変換して得た3次元周波数成分を特徴量とする顔認証システムを提案する。表情変化する顔を用いることが、静止画を用いた顔認証で懸念されているなりすましに対して防止効果があることを示す。本システムの特徴として、特徴量に周波数成分を用いることで顔領域を抽出することなく認証を行う。用いる周波数項は分散分析によって選定する。また、認証処理は watch list 形式であり、重判別分析とマハラノビス汎距離測定の2つの手法を直列的に組み合わせて行う。 
(英) This paper proposes the face authentication system of which the amount of the feature is 3D frequency components calculated by using 3D Fourier transform of a moving image that includes a face that changes the expression. We show that use of faces which changes the expression has effectiveness for prevention against impersonation attacks which is feared in face authentication that uses the still picture. As one of the characteristic of this system, the system authenticates without extracting face areas by using the frequency components as amount of feature. The used frequency terms is selected by Variance Analysis. Moreover, the authentication processing is watch-list form, and done by combining Multiple Discriminant Analysis and Mahalanobis' generalized distance measurement serially and using them.
キーワード (和) 顔動画認証 / 周波数 / 分散分析 / 重判別分析 / マハラノビス汎距離 / なりすまし / /  
(英) Face Authentication with Moving image / Frequency / Multiple Discriminant Analysis / Mahalanobis’ generalized distance / impersonation attack / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 73, PRMU2006-22, pp. 13-18, 2006年5月.
資料番号 PRMU2006-22 
発行日 2006-05-19 (PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU MI  
開催期間 2006-05-25 - 2006-05-26 
開催地(和) 愛知県立大 
開催地(英) Aichi Prefectural University 
テーマ(和) 人の検出・計測・認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2006-05-PRMU-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動画の3次元周波数成分を用いた顔認証システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Face Authentication System using 3D Frequency Component of Moving Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顔動画認証 / Face Authentication with Moving image  
キーワード(2)(和/英) 周波数 / Frequency  
キーワード(3)(和/英) 分散分析 / Multiple Discriminant Analysis  
キーワード(4)(和/英) 重判別分析 / Mahalanobis’ generalized distance  
キーワード(5)(和/英) マハラノビス汎距離 / impersonation attack  
キーワード(6)(和/英) なりすまし /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山名 信弘 / Nobuhiro Yamana / ヤマナ ノブヒロ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井辺 昭人 / Akito Inbe / インベ アキト
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 文裕 / Fumihiro Miura / ミウラ フミヒロ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前島 謙宣 / Akinobu Maejima / マエジマ アキノブ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森島 繁生 / Shigeo Morishima / モリシマ シゲオ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-26 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2006-22,IEICE-MI2006-22 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.73(PRMU), no.75(MI) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2006-05-19,IEICE-MI-2006-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会