電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-25 15:00
多チャネル信号源と畳み込み混合に対するフィードフォワード形BSSにおける信号歪み抑制形学習法
堀田明秀中山謙二平野晃宏出島康宏金沢大
抄録 (和) 畳み込み混合過程におけるフィードフォワード(FF-)形ブラインドソースセパレーション(BSS)では自由度が存在するため信号歪みが生じる.我々は,信号源-センサーが2チャンネルの場合において,完全分離と信号無歪みの条件を制約条件として課す信号歪み抑制学習アルゴリズムを時間領域,周波数領域のFF-BSSに対して提案してきた.本稿では,信号歪み抑制の制約条件を多チャンネルに拡張し,かつ,計算の複雑さを軽減するために制約条件を近似する方式を提案する.音声を用いたコンピュータシミュレーションによってその近似制約方式と厳密制約方式がほぼ同等の分離性能と信号歪み抑制が得られることを確認した.また,3チャンネルにおいても,従来方式より特性が改善されることを確認した. 
(英) Feed-forward Blind Source Separation (FF-BSS) systems have some degree of freedom in the solution space, and signal distortion is likely to occur in convolutive mixtures. Previously, a condition for complete separation and distortion free has been derived for 2-channel FF-BSS. This condition has been applied to the learning algorithms as a distortion free constraint in both the time and frequency domains. In this paper, the condition is further extended to multiple channel FF-BSSs. This condition requires the a high computational complexity to be applied to the learning process as a constraint. An approximate constraint is proposed in order to relax the high computational load. In comparison with the original constraint, computer simulations have demonstrated that the approximation can obtain similar performances with respect to source separation as well as signal distortion using speech signals. Furthermore, the performances can be improved compared to the conventionals for three channels.
キーワード (和) ブラインドソースセパレーション / 信号歪み / 収束性 / 学習アルゴリズム / 畳み込み / / /  
(英) Blind source separation / Signal distortion / Convergence / Learning algorithm / Convolutive / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 66, SIP2006-15, pp. 17-22, 2006年5月.
資料番号 SIP2006-15 
発行日 2006-05-18 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP  
開催期間 2006-05-25 - 2006-05-26 
開催地(和) イーグレひめじ 
開催地(英) EGRET Himeji 
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2006-05-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多チャネル信号源と畳み込み混合に対するフィードフォワード形BSSにおける信号歪み抑制形学習法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Distortion Free Learning Algorithm for Feed-Forward BSS with Convolutive Mixture and Multi-Channel Signal Sources 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインドソースセパレーション / Blind source separation  
キーワード(2)(和/英) 信号歪み / Signal distortion  
キーワード(3)(和/英) 収束性 / Convergence  
キーワード(4)(和/英) 学習アルゴリズム / Learning algorithm  
キーワード(5)(和/英) 畳み込み / Convolutive  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 明秀 / Akihide Horita / ホリタ アキヒデ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 謙二 / Kenji Nakayama / ナカヤマ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 晃宏 / Akihiro Hirano / ヒラノ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 出島 康宏 / Yasuhiro Dejima / デジマ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-25 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2006-11,IEICE-SIP2006-15 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.64(EA), no.66(SIP) 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2006-05-18,IEICE-SIP-2006-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会