お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-24 15:00
隠れマルコフモデルを用いたDNA配列設計
前村一哉小野廣隆定兼邦彦山下雅史九大
抄録 (和) DNAコンピューティングとは,DNA同士の反応過程を計算として見なした新しい計算パラダイムである.DNAコンピューティングでは,計算に使用するDNA分子の塩基配列設計することが重要な研究テーマのひとつとなっている.
DNA分子が意図したように反応するには,様々な制約をできるだけ満たす配列を準備する必要がある.このため従来様々な塩基配列の設計手法が研究されてきたが,本研究では隠れマルコフモデルを用いた配列設計を提案する.隠れマルコフモデルはマルコフ過程を利用した確率モデルである.
本論文では,試験的な配列設計として行った,DNAのもつ最小自由エネルギーが
小さい配列の設計の実験と結果について述べる. 
(英) DNA computing is a new computation paradigm to take reaction process of DNA as computation.The design of DNA sequence is a one of crucial research topics in DNA computing.
We have to prepare DNA sequences that satisfy many constraints to react DNA as we expected.In our research, we propose sequence design using Hidden Markov Models.Hidden Markov Model is a stochastic model utilizing Markov process.
In this paper, as a test of this method, we show experiments and their
results of sequence design of DNA whose minimum free energy is small.
キーワード (和) DNAコンピューティング / 配列設計 / 隠れマルコフモデル / 機械学習 / / / /  
(英) DNA Computing / Sequence Design / Hidden Markov Model / Machine Learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 63, COMP2006-15, pp. 39-46, 2006年5月.
資料番号 COMP2006-15 
発行日 2006-05-17 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2006-05-24 - 2006-05-24 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2006-05-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 隠れマルコフモデルを用いたDNA配列設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DNA Sequence Design Using Hidden Markov Models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DNAコンピューティング / DNA Computing  
キーワード(2)(和/英) 配列設計 / Sequence Design  
キーワード(3)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hidden Markov Model  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前村 一哉 / Kazuya Maemura / マエムラ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 廣隆 / Hirotaka Ono / オノ ヒロタカ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 定兼 邦彦 / Kunihiko Sadakane / サダカネ クニヒコ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 雅史 / Masafumi Yamashita / ヤマシタ マサフミ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-24 15:00:00 
発表時間 35 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2006-15 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.39-46 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2006-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会