お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 13:55
実スマートアンテナを用いるアドホックネットワークMACプロトコルの問題とその改善方法について
高塚雄也長島勝城萬代雅希渡辺 尚静岡大
抄録 (和) 近年,指向性アンテナの使用を仮定した指向性MACプロトコルが提案されている.従来の指向性MACプロトコルでは,理想的なアンテナビームパターンが仮定されていた.しかしながら,実アンテナビームパターンを用いた場合,サイドローブ,バックローブ等のマイナーローブの存在により,理想アンテナでは考慮されていなかった問題が発生することが考えられる.本論文では,実アンテナビームパターンを用いて既存のMACプロトコルを評価し,問題点を定量的に明らかにする.問題点として,NAVが適切に設定されないために起こる四つの衝突を明らかにし,それらについて考察する.続いて,実アンテナの使用を仮定した指向性MACプロトコルを提案する.提案方式では,指向性巡回待機,NAV (Network Allocation Vector) requestフレームの送信により,周辺端末との衝突を回避する.シミュレーション結果により,実アンテナビームパターンを適用した従来のMACプロトコルと比較し,提案方式のスループット性能が向上することを示す. 
(英) Recently, several MAC protocols using directional antennas, typically referred to as directional MAC protocols, have been proposed for wireless ad hoc networks. However, the MAC protocols in the previous studies were evaluated using simulation with ideal antenna forms. When using practical antenna beam forms, side lobes and back lobes exist which may cause new problems. In this paper, we evaluate the performance of the directional MAC protocol in the previous studies with practical antenna beam forms. In addition, we propose a directional MAC protocol that assumes practical antenna beam forms. The proposed MAC protocol mitigates data collisions due to the effects of minor lobes. The simulation results show that the proposed directional MAC protocol improves throughput performance compared to existing directional MAC protocol when using practical antenna beam forms.
キーワード (和) 指向性 / MACプロトコル / スマートアンテナ / サイドローブ / バックローブ / / /  
(英) Directional / MAC Protocol / Smart Antenna / Side lobe / Back lobe / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 44, MoMuC2006-25, pp. 137-142, 2006年5月.
資料番号  
発行日 2006-05-11 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-MBL  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタスネットワーク, ITS,センサーネットワーク,アドホックネットワーク【情報処理学会MBL研究会と共催】 
テーマ(英) Ubiquitous Network, ITS, Sensor Network, Adhoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-MBL 
会議コード 2006-05-MoMuC-IPSJ-MBL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実スマートアンテナを用いるアドホックネットワークMACプロトコルの問題とその改善方法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Problems of Ad Hoc Network MAC Protocol with Practical Smart Antennas and its Improvement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 指向性 / Directional  
キーワード(2)(和/英) MACプロトコル / MAC Protocol  
キーワード(3)(和/英) スマートアンテナ / Smart Antenna  
キーワード(4)(和/英) サイドローブ / Side lobe  
キーワード(5)(和/英) バックローブ / Back lobe  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高塚 雄也 / Yuya Takatsuka / タカツカ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長島 勝城 / Katsushiro Nagashima / ナガシマ カツシロ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萬代 雅希 / Masaki Bandai / バンダイ マサキ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 尚 / Takashi Watanabe / ワタナベ タカシ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-MBL 
資料番号 IEICE-MoMuC2006-25 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会