お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 16:15
音響による接近車両検出における自車音の影響について
三好史泰旭 健作小川 明名城大
抄録 (和) 出会い頭衝突事故の防止をするために,車両接近を検出する手段として接近車両から発せられる走行音に着目し,その検出方法に関して研究している.これまでは,自車からのエンジン音がある状態において実験を行い,2個のマイクロホンを使用して接近車両の方向を決定していた.しかしこの方法では,自車エンジン音の影響により自車エンジン音がない状態に比べ,検出が遅くなっていた.そこで本稿では,これらの雑音による影響を軽減させるために,複数のマイクロホンを用いる新たな検出方法を提案し,自車アイドル状態において,自車エンジン音による接近車両検出に対する影響を軽減させるために,車載するマイクロホンの設置数を実験的に評価する. 
(英) We have been in research for preventing vehicles from head-on collision by sound, and focused on the sound from tires of vehicle. So far, the direction of approaching cars has been detected with two microphones onboard the vehicle. However, the detection time may be delayed with this method due to the sound of engine. We propose, therefore, a new detection method in which the direction of approaching cars is to be the detected from the sound captured with pairs of microphone array. In addition, experimental results on the effect of engine sound are shown in this paper.
キーワード (和) 音響センシング / 接近自動車検出 / 出会い頭事故 / 自車エンジン音 / マイクロホンアレー / / /  
(英) Acoustic Sensing / Vehicle Detection / Head-on Collision / Sound of Engine from Own Car / Microphone Array / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SN  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 東理大森戸記念館 
開催地(英) Tokyo Univ. of Science, Morito Memorial Hall 
テーマ(和) 第4回センサネットワーク研究会 
テーマ(英) The 4th Sensor Networks Conference 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SN 
会議コード 2006-05-SN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音響による接近車両検出における自車音の影響について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the effect of the sound from own car in the detection of approaching cars through sound 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響センシング / Acoustic Sensing  
キーワード(2)(和/英) 接近自動車検出 / Vehicle Detection  
キーワード(3)(和/英) 出会い頭事故 / Head-on Collision  
キーワード(4)(和/英) 自車エンジン音 / Sound of Engine from Own Car  
キーワード(5)(和/英) マイクロホンアレー / Microphone Array  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 史泰 / Fumiyasu Miyoshi / ミヨシ フミヤス
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Uni.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 旭 健作 / Kensaku Asahi / アサヒ ケンサク
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Uni.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 明 / Akira Ogawa / オガワ アキラ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Uni.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SN 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会