お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-18 14:25
アプリケーション連携によるマルチホップネットワークにおける通信性能劣化の改善
長谷川 淳板谷聡子デイビス ピーター門脇直人小花貞夫ATR
抄録 (和) アドホックネットワークにおいて中継ノードが複数の通信セッションにより共有されると性能が劣化する問題がある.
現状のアドホックネットワークではトラフィックの集中が発生しやすく, 帯域が十分にあるにも関わらずパケットエラー率および遅延時間性能が劣化する.
本稿では各端末におけるトラフィック監視とアプリケーションレベルで連携を行い,
トラフィックの集中を緩和させる方式を提案する.
さらに実証実験により5セッションのトラフィックが特定の端末に集中した際には片方向遅延時間が1/100に改善できることを示す. 
(英) There is a problem in adhoc networks that performance can deteriorate when a relay node is shared by two or more traffic streams even when there is wireless bandwidth available.
Moreover, convergence of traffic occurs easily for common adhoc routing protocols.
We propose a cross layer process between network layer and application layer with monitoring of traffic condtion.
Moreover, we show experimental results which demonstrate a dramatic reduction in the average of one way packet latency with 5 VoIP sessions.
キーワード (和) 無線アドホックネットワーク / クロスレイヤ / IEEE802.11 / VoIP / / / /  
(英) mobile ad-hoc network / closs layer / IEEE802.11 / VoIP / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 44, MoMuC2006-10, pp. 51-54, 2006年5月.
資料番号  
発行日 2006-05-11 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-MBL  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタスネットワーク, ITS,センサーネットワーク,アドホックネットワーク【情報処理学会MBL研究会と共催】 
テーマ(英) Ubiquitous Network, ITS, Sensor Network, Adhoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-MBL 
会議コード 2006-05-MoMuC-IPSJ-MBL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アプリケーション連携によるマルチホップネットワークにおける通信性能劣化の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Communication Performance using Application Coordination in Multihop Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線アドホックネットワーク / mobile ad-hoc network  
キーワード(2)(和/英) クロスレイヤ / closs layer  
キーワード(3)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(4)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 淳 / Jun Hasegawa / ハセガワ ジュン
第1著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 板谷 聡子 / Satoko Itaya / イタヤ サトコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) デイビス ピーター / Peter Davis / デイビス ピーター
第3著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 門脇 直人 / Naoto Kadowaki / カドワキ ナオト
第4著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小花 貞夫 / Sadao Obana / オバナ サダオ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-18 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-MBL 
資料番号 IEICE-MoMuC2006-10 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoMuC-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会