お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-11 15:00
オペランドのビット幅を考慮したソフトウェアレベル消費エネルギー削減手法
山口誠一朗室山真徳石原 亨安浦寛人九大
抄録 (和) 本稿では,マイクロプロセッサベース組込みシステムのソフトウェアレベル消費エネルギー削減手法を提案する.提案手法はオペランドのデータをシフトし符号拡張ビット部の信号遷移を削減することにより消費エネルギーを削減する.提案手法は次の3つのステップから構成される.1)オペランドのデータをLSB側からMSB側へ最適なシフト量だけシフトする.2)シフトされたデータのまま命令を実行する.3)計算結果を元の正しい位置までシフトする.実験により,マイクロプロセッサのデータパスにおける消費エネルギーを約3.7%削減出来ることを示した.また,マイクロプロセッサ全体の消費エネルギーは約1.5%削減出来た. 
(英) This paper proposes a software-level energy reduction technique for microprocessor-based embedded systems. A basic idea is to reduce switching activities in sign extension bits of instruction operands through shifting the operands. Our technique consists of following three steps: 1) shift operands from LSB side toward MSB side by optimal shift amount, 2) execute instructions with the shifted operands, and 3) shift back computational results to original positions. Experimental results show about 3.7% energy reduction of datapath, and about 1.5% energy reduction of overall microprocessor.
キーワード (和) 低消費エネルギー / マイクロプロセッサ / 組込みシステム / ビット幅 / コンパイラ最適化技術 / / /  
(英) low energy / microprocessor / embedded system / bitwidth / compiler optimization technique / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 31, VLD2006-3, pp. 13-18, 2006年5月.
資料番号 VLD2006-3 
発行日 2006-05-04 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2006-05-11 - 2006-05-12 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) システム設計および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2006-05-VLD-IPSJ-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オペランドのビット幅を考慮したソフトウェアレベル消費エネルギー削減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Software-level Energy Reduction Technique for Embedded Microprocessor Exploiting Narrow Bitwidth Operations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低消費エネルギー / low energy  
キーワード(2)(和/英) マイクロプロセッサ / microprocessor  
キーワード(3)(和/英) 組込みシステム / embedded system  
キーワード(4)(和/英) ビット幅 / bitwidth  
キーワード(5)(和/英) コンパイラ最適化技術 / compiler optimization technique  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 誠一朗 / Seiichiro Yamaguchi / ヤマグチ セイイチロウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 室山 真徳 / Masanori Muroyama / ムロヤマ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 亨 / Tohru Ishihara / イシハラ トオル
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安浦 寛人 / Hiroto Yasuura / ヤスウラ ヒロト
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-11 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2006-3 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2006-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会