お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-04-21 11:20
MIMO-OFDM固有ビーム空間分割多重方式におけるチャネル情報フィードバック量の削減に関する検討
大渡裕介小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大RCS2006-7
抄録 (和) 送受信側に複数のアンテナを設置し,各送信アンテナごとに独立したOFDM信号を送信するMIMO-OFDM空間分割多重では,マルチパス環境においても符号間干渉なしに伝送速度の向上が期待できる.さらに,送信側でチャネル情報 (CSI) が既知の場合,MIMOチャネルにおける最大スループットを得る固有ビーム空間分割多重 (E-SDM) 方式を用いることができる.しかしながら,FDD方式のOFDMでは各サブキャリア毎にCSIをフィードバックする必要があり,通信容量を圧迫してしまう.本論文では,筆者らが以前より提案している時間領域で最小二乗法を適用し,推定したCSIをフィードバックすることで情報量を削減でき,さらに良好な特性が得られることを示している. 
(英) MIMO space division multiplexing in an OFDM system (MIMO-OFDM) can achive high-data-rate transmission without additional frequency spectra. Furthermore, eigenbeam-space division multiplexing (E-SDM) which is also called the singular value decomposition (SVD) algorithm can provide maximum throughput in the MIMO channel when channel state information (CSI) is available at the transmitter. When the uplink and downlink channels are not reciprocal as in a FDD system, we need to feed back the CSI from the receiver to the transmitter. However, capacity is limited because CSI feedback is needed for each subcarrier in an OFDM system. This paper proposes the feedback of the time-domain channel estimated using the minimum mean square error method. The proposed method can reduce the amount of feedback information, and reveals better bit error rate performance than the other schemes.
キーワード (和) MIMOシステム / 固有ビーム空間分割多重 / OFDM / チャネル情報 / フィードバック情報量 / / /  
(英) MIMO system / Eigenbeam-space division multiplexing / OFDM / Channel state information / Amount of feedback information / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 25, RCS2006-7, pp. 37-42, 2006年4月.
資料番号 RCS2006-7 
発行日 2006-04-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2006-7

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2006-04-21 - 2006-04-21 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 無線QoS,無線リソース制御,アドホックネットワーク,無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO-OFDM固有ビーム空間分割多重方式におけるチャネル情報フィードバック量の削減に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reduction of the Amount of Channel State Information Feedback in MIMO-OFDM Eigenbeam-Space Division Multiplexing Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOシステム / MIMO system  
キーワード(2)(和/英) 固有ビーム空間分割多重 / Eigenbeam-space division multiplexing  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) チャネル情報 / Channel state information  
キーワード(5)(和/英) フィードバック情報量 / Amount of feedback information  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大渡 裕介 / Yusuke Ohwatari / オオワタリ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-04-21 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2006-7 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-04-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会