お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-28 13:25
1次元処理に分解することにより実現したアフィン変換の高速化 ~ 並列データパスを持つDSPの利用を前提として ~
太田寛志尾崎 亮岡山理科大)・籠谷裕人岡山大)・橋本禮治岡本卓爾岡山理科大
抄録 (和) 本論文では,動画像に対する高速アフィン変換手法について述べる.この手法では,並列データパスとデータバッファのためのローカルメモリとを備えたDSPの利用を前提としている.アフィン変換は,水平方向と垂直方向とに分解して得られる2つの連続した1次元処理として実行される.主メモリ(MM)およびローカルメモリ(LM)は,この処理を高速化するために,それぞれ,動画像をフレーム単位で格納するリングバッファ構成およびフレーム画像を部分画像単位で格納するリングバッファ構成で利用される.並列データパス数は,MM-LM間における(フレーム画像の)部分画像の転送時間とそれに対する(並列データパスによる)内挿処理時間とがほぼ等しくなるように選ぶことが望ましい.実験の結果,本手法によるアフィン変換の処理速度が従来法の約5倍となることを確認している. 
(英) This paper describes a method of fast affine transformation for video images. A DSP with parallel datapaths and a single local memory for a data buffer is used. The affine transformation is carried out by decomposing it into two consecutive one dimensional processes; one for horizontal direction and the other for vertical. In order to speed up the transformation, a main memory (MM) and the local memory (LM) are structured to a ring buffer for frames of the video image and to a ring buffer for parts of a frame, respectively. It is desirable to select the number of datapaths so that the time required for transmission of a part of a frame between MM and LM becomes nearly equal to that for its interpolation by datapaths. Experimental results showed that the transformation speed in the proposed method was about five times faster than usual ones.
キーワード (和) アフィン変換 / 動画像 / 並列処理 / DSP / / / /  
(英) Affine transformation / Video image / Parallel processing / DSP / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 689, IE2005-322, pp. 27-32, 2006年3月.
資料番号 IE2005-322 
発行日 2006-03-21 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2006-03-28 - 2006-03-28 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 映像符号化,システムおよび一般 
テーマ(英) Image Coding Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2006-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1次元処理に分解することにより実現したアフィン変換の高速化 
サブタイトル(和) 並列データパスを持つDSPの利用を前提として 
タイトル(英) Speed-up of Affine Transformation Realized by Decomposing It into Two One-dimensional processes 
サブタイトル(英) Consideration Based on the Usage of a DSP with Parallel Datapaths 
キーワード(1)(和/英) アフィン変換 / Affine transformation  
キーワード(2)(和/英) 動画像 / Video image  
キーワード(3)(和/英) 並列処理 / Parallel processing  
キーワード(4)(和/英) DSP / DSP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 寛志 / Hiroshi Ohta / オオタ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 亮 / Ryo Ozaki / オザキ リョウ
第2著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 籠谷 裕人 / Hiroto Kagotani / カゴタニ ヒロト
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 禮治 / Reiji Hashimoto / ハシモト レイジ
第4著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 卓爾 / Takuji Okamoto / オカモト タクジ
第5著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-28 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2005-322 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.689 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2006-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会