電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-17 11:35
スミア変換とウェーブレット変換を用いた動画像電子透かし法
古津元大宇戸寿幸大上健二愛媛大
抄録 (和) インターネットのブロードバンド化に伴い,画像や音声に加え動画像も広く流通されるようになった.一般的に動画像は圧縮処理が施されている.そのため,動画像電子透かし法は圧縮耐性を保持していることが必須であるが,動画像の圧縮形式は多種多様である.
本論文では,圧縮形式に依存せず,圧縮に対して十分な耐性をもつ,スミア変換とウェーブレット変換を用いた動画像電子透かし法を提案する.本手法は,ウェーブレット変換によりダイナミックレンジの小さな領域を生成し,その領域に署名インパルスを埋め込むことによって埋め込み後の品質を向上させる.また,スミア変換による署名インパルスの拡散と署名情報の検出時のフレームの同期加算により圧縮耐性を高める.計算機実験によってMPEG1およびWMV9圧縮に対して耐性を保持していることを示す. 
(英) We propose a video watermarking method using smearing-desmearing and wavelet transforms that has enough tolerance for a compression without depending on compression forms.This method improves quality by embedding signatures to area where dynammic range is reduced by wavelet transform.And it raises compression tolerance by adding frames to synchronization when detect signatures.In the computer experiment,the proposed method has tolerance for MPEG1 and WMV9 .
キーワード (和) 電子透かし / 動画像 / スミア変換 / ウェーブレット変換 / / / /  
(英) digital watermark / video / smearing-desmearing transformation / wavelet transform / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 664, ISEC2005-159, pp. 43-48, 2006年3月.
資料番号 ISEC2005-159 
発行日 2006-03-10 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スミア変換とウェーブレット変換を用いた動画像電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Video Watermarking Method Using Smearing-Desmearing and Wavelet Transforms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / digital watermark  
キーワード(2)(和/英) 動画像 / video  
キーワード(3)(和/英) スミア変換 / smearing-desmearing transformation  
キーワード(4)(和/英) ウェーブレット変換 / wavelet transform  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古津 元大 / Genta Furutsu / フルツ ゲンタ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇戸 寿幸 / Toshiyuki Uto / ウト トシユキ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大上 健二 / Kenji Ohue / オオウエ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-17 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2005-102,IEICE-ISEC2005-159,IEICE-WBS2005-116 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.662(IT), no.664(ISEC), no.666(WBS) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2006-03-10,IEICE-ISEC-2006-03-10,IEICE-WBS-2006-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会