お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-17 13:25
平均値法を適用したキャッシュ攻撃における必要平文数の理論的考察
池田尚隆山口 梢金子敏信東京理科大
抄録 (和) 2002 年に角尾らは, CPU のキャッシュの処理時間差を用いたキャッシュ攻撃を提案した. キャッシュ攻撃は,
非線形変換テーブルを有する暗号アルゴリズムに汎用的に適用できる. 平均値法は, キャッシュ攻撃の一手法であり,注
目する二つのS-box の入力の一致によって, 暗号化処理時間が変化することを用いている.本稿では, 暗号化処理時間
がどのように分布するかを解析し,必要平文数を理論的に導出した.その結果を元に,SEED に対する必要平文数を
計算し,過去の実験結果と比較を行った. 
(英) 2002, Tsunoo et al. proposed a cache attack using fluctuation of encryption times of a software implemented
on CPU with cache. In general, cache attack seems to be applied for any ciphers which have substitution boxes. The original
cache attack uses differences between plaintext bytes for its attack equation. Average method is a one of the method witch
uses averages of encryption times will change noticed two S-boxes are same or not. In this paper, we analyized distribution
of encryption times and delived thoretically necessary numbers of plaintexts. We also compared with theoretical result and
experimental result .
キーワード (和) ブロック暗号 / サイドチャネル攻撃 / タイミング攻撃 / キャッシュ攻撃 / 平均値法 / SEED / /  
(英) Block Cipher / Side Channel Attack / Timing Attack / Cache Attack / Average Method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 664, ISEC2005-161, pp. 55-60, 2006年3月.
資料番号 ISEC2005-161 
発行日 2006-03-10 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 平均値法を適用したキャッシュ攻撃における必要平文数の理論的考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on necessary numbers of plaintexts for Cache Attack with Average Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロック暗号 / Block Cipher  
キーワード(2)(和/英) サイドチャネル攻撃 / Side Channel Attack  
キーワード(3)(和/英) タイミング攻撃 / Timing Attack  
キーワード(4)(和/英) キャッシュ攻撃 / Cache Attack  
キーワード(5)(和/英) 平均値法 / Average Method  
キーワード(6)(和/英) SEED /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 尚隆 / Yoshitaka Ikeda / イケダ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 梢 / Kozue Yamaguchi / ヤマグチ コズエ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-17 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2005-104,IEICE-ISEC2005-161,IEICE-WBS2005-118 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.662(IT), no.664(ISEC), no.666(WBS) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2006-03-10,IEICE-ISEC-2006-03-10,IEICE-WBS-2006-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会